1. 趣味
    2. 樹脂粘土・軽量粘土で作るスイーツデコパーツの作り方(ドーナツ編)

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    樹脂粘土・軽量粘土で作るスイーツデコパーツの作り方(ドーナツ編)

    はじめに

    今回は軽量粘土を使って作るドーナツの作り方をご紹介します。誰でもすぐ簡単に作れるパーツですので、是非挑戦してみてください。

    樹脂粘土・軽量粘土で作るスイーツデコパーツの作り方(ドーナツ編)

    必要なもの

    <写真にあるもの>
    - 軽量粘土:100円ショップで買えます。
    - 絵の具(アクリルまたは水彩):黄土色、茶色
    - 粘土スケール:手芸屋・画材屋などで500円くらいで売っています。軽量スプーンでも代用可能です。
    - ガラス絵の具:ダイソーで100円で売っています。お好きな色を使いましょう。
    <写真にないもの>
    - 水
    - ペットボトルのふた
    - メラミンスポンジ:食器を洗ったりするキメの細かい白いスポンジです。100円ショップで売っています。
    - ストロー
    - カッター

    軽量粘土は水に弱いため、使う部分に応じて、水分から守るために仕上げにニスを塗ることをオススメします。

    STEP1:粘土を適量出してこねます。

    軽量粘土を取り出し、手でこねます。極々少量のアクリル絵の具(または水彩絵の具)黄土色をつけて、色がまんべんなく均一になるようにこねましょう。

    STEP2:粘土スケールで型をとります。

    粘土スケールや軽量スプーンを使って、形を整えます。

    取り出して、平たく潰しましょう。

    STEP3:ストローを使って穴を開けます。

    2で作った粘土に穴を開けます。

    カッターで模様を描き、そのまま乾かしましょう。

    ドーナツはよく見ると、側面に細い線が入っています。それをカッターで描くようにすると、ドーナツっぽくなります。

    STEP4:乾かしたら、焼き色をつけます。

    1日~2日ほど乾燥させたら、焼き色をつけます。ペットボトルのふたに水と絵の具を少量入れて、薄めます。

    メラミンスポンジを小さく切り取り、薄めた絵の具を適量付けます。

    それを、ドーナツを思い出しながら、こんがりした焼き色をつけていきます。

    色違いのチョコレート色は、黒と茶色の絵の具を混ぜて作っています。

    STEP5:ガラス絵の具でトッピングします。

    ガラス絵の具を使って、チョコやジャムのイメージでトッピングしましょう。

    樹脂粘土を固めたものを刻んで、ナッツのように使うのもオススメです。

    失敗した粘土をとっておくと、刻んでトッピングに使えます。

    STEP6:乾かして完成です。

    1日~2日ほど乾燥させたらできあがりです。用途に応じて、ニスを塗りましょう。

    おわりに

    ドーナツはトッピングや、カラーリングでバリエーションも広がるパーツです。ピンバイスで穴をあけ、Tピンを刺して、チャームやストラップにするのも可愛いです。是非作ってみてください。

    (Photo by 著者)

    このライフレシピを書いた人