1. 暮らし
    2. 古い木造家屋で一人暮らし!貧乏時代にやった室内温度を下げない方法

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    古い木造家屋で一人暮らし!貧乏時代にやった室内温度を下げない方法

    このライフレシピのもくじたたむ

    ついに三月、もうすぐ春!といってもまだまだ寒い日が続いています。北海道では今日も雪がもっさり積もりました。

    今回は貧乏時代に私が実際にやっていた、自宅での外気対策を紹介したいと思います。

    ここでは築年数が古い木造家屋を想定しています。

    玄関

    まずはなんてったって玄関です。人の出入りの度に冷気が室内に入ってきますよね。しかも木造家屋ともなると、ちょっとしたことですぐに室内温度は下がってしまいます。また、私が以前住んでいた家は、ドアと壁の間に1cm程隙間が空いていました…。

    隙間テープ

    玄関ドアだけに言える事ではありませんが、とにかく隙間を塞ぎましょう。室内のカーテンが揺れるほど風が入ってきては、室内は全然暖まりません。

    後から気づきましたが、隙間テープにも色々な硬さがあります。食器用スポンジのように柔らかい物から、ゴムみたいに?硬いものまであります。私のお勧めは、隙間の形に合わせて加工しやすい前者です。後者は固いし、弾力もあるので、加工してもドアの開閉に支障をきたす可能性があります。

    隙間テープはホームセンターに行けば売っていますが、最近では百円ショップでも取り扱っていて、一人暮らしならばこれで十分でした。

    厚手のカーテン

    玄関と茶の間の間に一枚カーテンで仕切りを設けることをお勧めします。もうお分かりかと思いますが、布一枚でもその効果は一目瞭然です。

    できれば厚手のものを使ってください。布に含まれる空気の量が多い分、断熱効果が大きくなります。また大きなものを使い、少しでも外気の入り口を塞ぎましょう。

    断熱材

    冬にホームセンターに行くと、窓用の断熱対策グッズが多く売り出されています。貧乏性の私はチラッとしか見たことがありませんが、主に窓の下にプレートを置くタイプが多いようです。

    ですが、何度も書きますが、私は貧乏性なので、こんなところにはお金をかけません。代わりに身の回りにあるもので代用しました。

    • プチプチ

    設置方法は簡単で、窓の水を綺麗にふき取った後、テープでプチプチを張るだけです。ただこの作業、ガムテープなど粘着性が高いものはなるべく避けてください。春が来てはがす際に跡が残りやすいからです。これを取るのは大変でした。

    • ダンボール

    その他お勧めなのがダンボールです。一見かなり貧乏くさいですが、その断熱効果は馬鹿にできません。

    • 新聞紙

    これもまた貧乏くさい話ですが、少なくとも以前毛布の代わりに使ったときは、大変助かりました。ちなみにこれをやったのは花見での席でのことです。路上ではありません(笑)。

    • ぬいぐるみ(効果があるかは不明ですが…)

    以前すんでいたボロアパートは出窓がついていた為、そこにいらなくなった大量のぬいぐるみを敷き詰めていました。冷気は主に窓の下のほうから入ってくるので、一応利にかなっているのかなと思います。

    おわりに

    最近、原油原産国はゴタゴタしているし、また石油の値段が上がりそうですよね…。冬期間の暖房費は意外と馬鹿になりません。

    お金をかけず、節約できるとラッキーですよね。

    (image by 足成)

    このライフレシピを書いた人
    このライフレシピに関係するタグ