1. コミュニケーション
    2. 美しい座り姿勢を身につけるコツ

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    美しい座り姿勢を身につけるコツ

    面接の際や、食事に行く時などは、美しい座り姿勢が好印象を与えるポイントとなってきますね。

    今回は誰でも美しく座れるようになるコツをご紹介します。

    美しい座り姿勢を身につけるコツ

    背筋を床と垂直に保つ

    背中を曲げると、どうしてもだらしなく見えてしまい、顔も下に向くので、暗い印象になってしまいます。

    背筋は床と垂直になるようにしましょう。だらしなく背もたれによりかからず、背もたれからは、「こぶしひとつ分」のスペースを空けるとうまくいきます。

    椅子の中央かやや前の方に浅く腰掛ければ、姿勢は崩れません。テーブルとの間にも「こぶしひとつ分」スペースをあけるようにしましょう。

    深く腰掛けたい場合には、まず一度、空気椅子のように手前に座った後、両手を後ろにつき、深く移動させるとうまくいきますよ。

    脚はしっかり閉じる

    両膝をくっつけるようにし、足先は90度よりも少し前に出すと足がきれいに見えます。

    脚をななめに流す場合は、足先が肩幅よりも外にでないように注意しましょう。流しすぎても下品に見えます。

    両手は指先までそろえる

    両手は、ひざの上で重ねて、指先をそろえましょう。

    テーブルのある場合は、手首から先だけをテーブルの上にのせるようにすると良いですよ。

    体のバランスも保ちやすく、相手に手の甲を見せることで信頼感を得ることもできます。

    座り方・立ち上がり方

    座り方

    背筋はまっすぐにキープしたままで、静かに座ります。

    片足を後ろにひき、ふくらはぎが椅子に当たったら、ゆっくりと腰を下ろすようにしましょう。

    上半身は曲げず、視線はまっすぐ前に向け、立ち姿を崩さずにすっと座ると凛とした印象になりますよ。

    美しい立ち居振る舞いをする方にとっては、椅子は「空気椅子」のようなものだと心得てください。

    立ち方

    立つ時には、片足を後ろに引き、引いた足に重心を置いて、すっと立ち上がります。

    このときも上半身はまっすぐにして動かさないようにします。

    頭の上に本が乗っていることをイメージすればやりやすいでしょう。

    おわりに

    姿勢の良い、美しい座り方を身につければ、育ちがよくマナーのある人物を印象付けることができます。

    男性も女性も、実践してみてくださいね。

    (image by amanaimages)

    このライフレシピを書いた人