\ フォローしてね /

着古したTシャツで布ナプキンを作る方法

着古してよれよれになったTシャツを処分するとき、どうしていますか?

何度も洗いざらしたTシャツは、布がくたびれていて肌触りが柔らかいもの。そこで、生理用の布ナプキンを作ってみてっはいかがでしょうか。使い捨てナプキンの代わりに使うことができます。

着古したシャツほど布ナプキンにすると使い心地が良いですよ。

布ナプキンについてはこちらも参考にしてみてください。
生理をエコに楽しむ方法

用意するもの

  • 着古しのTシャツ(綿100%が好ましい)
  • 裁縫道具

布ナプキンの作り方

STEP1

Tシャツの身ごろの部分を切ります。大きさは好みですが、ここではおりものシートにも使える小さいサイズをご紹介します。

図のようにシャツを27×16センチの大きさに2枚重ねて切ります。

大きなサイズを作るなら、真ん中にもう一枚小さめの布を重ねて、3枚重ねにすると吸収量が上がります。

STEP2

切ったシャツを裏面が外に出るようにたたみ、周りを縫っていきます。

STEP3

5センチほど縫い残して糸を止め、縫い残しの部分から中身を引き出して裏返します。表面が外に出て、縫い目が中にかくれた状態になります。

STEP4

縫い残した部分を、かがり縫いしてふさげばできあがりです。使うときは、縦に二つ折りにするか、横に三つ折りして使います。

おわりに

思い出がたくさんあるシャツだとなんとなく捨てられなくて、着なくなってもクロゼットにしまいこんでいたりします。そんなシャツがあったら、ぜひ作ってみてくださいね。

(イラスト by 筆者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。