1. 暮らし
    2. いらないジーンズでドアの隙間風を防ぐ方法

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    いらないジーンズでドアの隙間風を防ぐ方法

    このライフレシピのもくじたたむ

    ドアの下に隙間があると、冷たい風が入ってきて暖房の効き目もイマイチ。そんなときは、着古しのジーンズやパンツでドアの隙間風ストッパーを作ってみてはいかがでしょうか。

    「ドアスネーク」ともいわれるこのストッパーを置くと、ドア下からの隙間風をばっちり防いでくれます!ジーンズで作ると、生地も丈夫で裾の始末がラクです。

    用意するもの

    • ジーンズやパンツ(ドアの長さより長いもの)
    • 裁縫道具
    • 猫砂または砂利+わた

    隙間風ストッパーの作り方

    STEP1

    ドア(または窓)の長さを測ります。

    STEP2

    ジーンズを、ドア長プラス5センチの長さ、幅18センチに切ります。

    STEP3

    裏側を表に出して切った布を折り、裾でない側から周りを縫います。

    STEP4

    裏返して表を出し、中に猫砂(または砂利とわたを混ぜたもの)をつめます。

    詰め物は何でも大丈夫ですが、重さがあるもののほうがしっかり風をブロックしてくれます。

    STEP5

    裾の部分を縫い付けてできあがりです。

    おわりに

    ドアの隙間風が入ってこないだけで、かなり部屋が暖かくなるはず。着れなくなったジーンズやパンツがあったら試してみてはいかがでしょうか。

    Twitterで紹介!

    (イラスト by 筆者)
    (image by 筆者)
    (image by nanapi編集部)

    このライフレシピを書いた人