1. 料理
    2. 簡単なのに贅沢な味わい「水出し」アイスティーの作り方

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    簡単なのに贅沢な味わい「水出し」アイスティーの作り方

    アイスティーの淹れ方には『オン・ザ・ロック』『水出し』があります。オンザロックは、熱湯で淹れた紅茶を氷の上に注ぐ方法で、一般的にはこの方法で作る方が多いと思います。

    水出しをすると、スッキリとまろやかで優しいアイスティーができます。茶葉のナチュラルな風味と香りを楽しみましょう。簡単なのに優雅で贅沢な、水出しアイスティーの作り方です。

    材料 (ティーカップ2杯分)

    • 水500cc
    • 茶葉4グラム
    • 紅茶を淹れる道具

    ティーストレーナー(葉を濾すための道具)と500ccが入る容器(においの移らないガラスなど)を用意しましょう。

    水と茶葉の選び方

    水について

    水は「常温」のものを使います。水道水でまったく問題ありません。ミネラルウォーターを使いたい場合は、「硬水」「軟水」かで、茶葉の種類を選ぶようにします。

    日本の水道水は「軟水」。ミネラルウォーターは「硬水」が多いです。

    茶葉について

    一番水出しに向く紅茶は「ダージリン」です。水道水くらいの硬度だと、「セイロン・ウバ」も美味しく淹れられますが、多少渋みがでます。

    ミネラルウォーターに多い硬水は、渋みが抑えられるので、向くのは「ウバ」「アッサム」などのコクのある種類です。

    抽出能力は軟水のほうが高く、硬水のほうが低くなります。このため、例えば『ダージリンを硬水で淹れる』といった場合には、茶葉を多めにすると良いでしょう。

    初心者さんは、まず『ダージリンの茶葉と水道水』を使って淹れてみましょう。

    水出しアイスティーの作り方

    STEP1: 水を準備しよう

    水道水を一度沸騰させてから、常温まで冷ましておきましょう。浄水器を通したものなら、沸騰させずにそのまま使ってよいと思います。

    STEP2: 容器に茶葉と水を入れる

    茶葉を先に入れてくださいね。

    STEP3: そのまま5時間おいておく

    常温でおいておきます。気温の高い日は、4時間で一度味を確かめてみると良いでしょう。

    また、地域によって水道水の硬度が違うので、お住まいの地域の水道水の硬度が高めなら、茶葉を多めにするか抽出時間を長くすると、より確かな美味しさに近づくでしょう。

    STEP4: 茶葉を濾してカップに注ぐ

    筆者のおすすめは、そのまま常温で味わうことです。夏や冷たいほうが好みの方は、カップに注いでから(またはポットに移してから)冷蔵庫で10分ほど冷やしましょう。

    砂糖を入れたい方は、グラニュー糖にしましょう。ハチミツは、水出しのフレッシュな風味を損なってしまいます。

    おわりに

    「水出し」はとっても簡単ですね。ちょっと時間はかかりますが、テクニックいらずなので、ぜひ作ってみてください。これまでに飲んだことのない、フレッシュなアイスティーが味わえますよ。

    また、抽出した茶葉を完全に乾かすと消臭剤になりますよ。靴の臭いを消す方法として、靴の中に入れるのもおすすめです。

    紅茶に関してのレシピはこちらもチェック!

    (Photo by 足成)

    このライフレシピを書いた人