1. 趣味
    2. 水筒、ペットボトルホルダーの作り方

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    水筒、ペットボトルホルダーの作り方

    子供用の水筒は持ち手がついていますが、大人用の物やペットボトルには持ち手がなく、不便ではありませんか?

    だんだん暖かくなってくるこの季節、マイボトルでちょっとそこまでお散歩を楽しんでみたいという方にピッタリなボトルホルダーの作り方をご紹介したいと思います。

    材料

    • 表布 (布類は30㎝×20㎝あれば大丈夫!)
    • 裏布
    • 接着キルト芯
    • Dカン 2個
    • ナスカン 2個
    • 巾着用 紐
    • アイロン ※
    一つ一つの工程ごとにアイロンで縫い代を割ってください。面倒ですが、このひと手間で仕上がりが違ってきます

    ホルダーの型紙の作り方

    STEP1 サイズを計りましょう 

    BとCの切り替え位置にDカンのタブを付けるので、生地を別で作ることにしています。ですから、ここで生地を変え、パッチワークのようにしてもいいですね。

    STEP2 本体型紙を作ります

    型紙には縫い代が入っていません。すべて1㎝の縫い代を入れて裁断してくださいね

    ※接着キルト芯は縫い代がいりません。断ちきりで裁断してください

    表布、裏布、接着キルト新を各1枚づつ裁断します。

    STEP3 口布型紙とDカンタグ

    口布は2枚作ってください。Dカンタグは簡単なので、生地にじかに型を取り、裁断すればいいと思います。(3㎝×4㎝)

    STEP4 口布を縫う

    1 端を三つ折りにし、ミシンをかけましょう。

    2 【わ】の部分で半分に折り、ヒモ通し部分にミシンをかけましょう

    STEP5 Dカンタグを縫う

    二つ作ってください

    STEP6 裏布に接着芯を貼る

    接着キルト芯をアイロンで貼り付ける時には、剥がれ易いのでアイロンを少しづつ動かし、貼り忘れのないように気を付けてください

    STEP7 口布、Dカンタグを本体(表布、裏布)に縫い合わせる

    表布(表)→Dカンタグ→口布(裏)→裏布(裏、キルト芯の貼ってある方)の順番に合わせ、ずれないように待ち針で留めてから、縫いあわせましょう。

    表布より口布は1センチ小さくなっています。両方の真ん中を合わせてから待ち針で留めないと端が余ってきてしまいます

    口布の【わ】になった方を下側にしましょう。完成時に上に【わ】が来るようにしてください

    STEP8 本体を仕上げていきましょう

    本体の横部分を縫っていきます。

    口布を縫い合わせた部分を真ん中に細くなった部分が上下になるようにしてください。表布同士、裏布同士を合わせると簡単です。

    ただし、完成後表に返すための口(返し口)を残して縫い合わせてください

    STEP9 底を作ります

    きちんと縫い代をアイロンで割っておけば、割と簡単にできると思います。4か所、縫ってください。

    返し口から表に返しましょう。小さな隙間から引っ張り出さなければいけないので、とってもやりにくいのですが、これさえ終われば本体完成あとはストラップを作るだけです!がんばって!

    STEP10 ストラップを作ります

    ストラップを作るのが面倒なようでしたら、手芸屋さんで皮の持ち手が売られています。そういうのをお使いになれば、お疲れ様でした!これで完成になります。
    楽天 As net手芸さん 皮持ち手

    ↓ストラップも自分で作る!という方はこちらへどうぞ。↓

    わかりやすいように紙で説明していきます。

    お好みの長さ、太さで生地を裁断してください。

    1・半分に折ってから、両端を真ん中に折り曲げ、アイロンを当ててください。

    2・上の写真のように、端を1㎝折り、アイロンを当てます。

    3・奥側の布を持ち上げると少し隙間があります。そこに手前の布を入れ込みます

    4・端にミシンをかけます。

    5・ナスカンをはめ、刺繍糸など少し太めの糸で×印に手縫いで縫い留めます。

     

    おわりに

    こうして書いてしまうと、案外工程が多くて難しそうに見えますね。

    が!そんなに難しい所もなく、おそらく3時間程度で完成すると思います。要領がわかればもっと早く作ることも可能ですよ。

    一度試してみませんか?

    Photo by 著者

    このライフレシピを書いた人