\ フォローしてね /

松ぼっくりを使って「植物への水やりのタイミング」を知る方法

このライフレシピのもくじたたむ

部屋に観葉植物を置くと緑が増えて、気分が良いですよね。けど、植物は水をあげすぎても、あげなさすぎても枯れてしまいます。

いつ水をやれば良いのかわからない…そんな方もいるのではないでしょうか?

今回はそんな方のために“松ぼっくり”を使った、簡単に水をあげるタイミングを知る方法をご紹介します。

やり方

やり方は簡単です。松ぼっくりを公園や山などで1つ拾ってきます。

この松ぼっくりでなぜ水をやるタイミングが分かるかと言うと、松ぼっくりには幹が残っているので、水を与えると傘が閉じて、乾燥すると広がるという特徴を持っています。

画像の左側が乾燥している状態、右側が水分がある状態

この松ぼっくりをおしりを下にして、5分の1くらい土に植えます。準備はたったこれだけ。

あとは、松ぼっくりが広がった時に水をたっぷりあげて下さい。閉じている時は十分に水分が足りている状態です。

庭にも応用可能

この方法は、ちょっとした庭にも応用する事が出来ます。庭に使う場合は、松ぼっくりを複数植える様にして下さい。

この方法を使えば、いつどのタイミングで水を植物にあげればいいのか簡単に知る事が出来ます。

見た目もちょっとしたアクセントになってお洒落です。ぜひ一度、お試し下さい!

Twitterで紹介!

(image by PIXTA 1 2)
(Photo by 筆者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。