1. 暮らし
    2. 素材別!いらなくなった服を掃除や手入れに有効活用する方法

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    素材別!いらなくなった服を掃除や手入れに有効活用する方法

    サイズが合わなくなった服や流行遅れになってしまった服、長年着ていて古臭くなってしまった服など、季節の変わり目ごとにいらなくなった服がたくさん出てくるかもしれません。

    子ども服や着古した服などはそのままゴミ箱行きになってしまいます。そこでこの記事では、ゴミ箱に捨てる前に掃除や手入れに有効活用する方法をまとめてみました。

    古着を掃除や手入れに活用するコツ

    ウールは靴磨きに

    最初に活用できるのはウール100のセーターやカーディガンなどです。うっかり虫に食われてしまったりすると捨てるしかなくなりますが、実は柔らかいウールは革靴の手入れにうってつけの素材なのです。

    磨きやすいようにセーターを20cm四方ぐらいの大きさにカットして、クリームを塗った後の革靴を磨いてみてください。とても綺麗なつやが出てきて美しく仕上がるでしょう。

    1枚のセーターをカットして使えば、白系・黒系・茶系など様々な色の革靴を手入れすることができるのでおすすめです。

    Tシャツ・靴下はトイレ掃除に

    次に活用できるのは綿と化学繊維が混じったTシャツや靴下などです。これはトイレ掃除に使うことをおすすめします。Tシャツは使いやすい大きさにカットするとよいでしょう。

    ビニール手袋をした手を靴下に入れると、普段手の届きにくい部分やブラシでは掃除しにくい箇所も綺麗に掃除することができます。掃除が終わったら捨てるだけなので気も楽ですね。

    アクリル素材は台所掃除に

    もう一つ活用できる素材はアクリル製の服です。これは台所を掃除する時に大活躍してくれます。水と少しの洗剤を使うだけでステンレスのシンクをピカピカに磨くことができます。

    これも使いやすい大きさにカットしたり小さめに折りたたんだりして自分の手になじむようにしましょう。洗剤が少しで済むので手荒れの心配もいりません。

    やはり使った後は捨てればよいので、ゴミ受けや排水口の汚れを落とすのにも気軽に使うことができますし、スッキリ綺麗になって気になる臭いやぬめりも落とせるのでおすすめです。

    おわりに

    いかがでしょうか。いらなくなった服をただ捨ててしまうのではなく、掃除や手入れに活用してから処分するようにすれば一石二鳥です。どれも簡単にできますのでぜひお試しくださいね。

    Twitterで紹介!

    (Photo by http://www.ashinari.com/2009/07/23-025089.php)
    (Photo by http://www.ashinari.com/2009/06/21-022779.php)
    (Photo by http://www.ashinari.com/2007/06/03-002290.php)

    このライフレシピを書いた人