1. 暮らし
    2. 散らかっている部屋を片付けるコツ

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    散らかっている部屋を片付けるコツ

    このライフレシピのもくじたたむ

    本能的に面倒くさがるものをシステマチックに考える

    人は本能的に面倒くさいことが嫌いです。しかし普段生活を続けているとの面倒くさいことは自然に沢山でてきます。

    片付けもその一つです。倉庫の片付け、自家用車内の片付けなど色々ありますが、部屋の片付けはもっとも面倒くさいものの一つです。

    そこで、様々なものが乱雑に散らばっている場合の部屋の片づけをすっきりとスムーズに行うためのコツを教えたいと思います。

    人間にはシステマティックに物を考える能力が備わっています。片付けという本能的に嫌がる面倒くさい作業をこれまた人間に本来備わった能力でシステマティックに行う方法です。

    第一段階

    似た様な種類のものに分けて集める

    部屋の床を見ると乱雑に多くのものが散らばっています、そこで一つ一つのものを拾い上げて、拾い上げる度に元あった場所に収納するという方法は効率の面から言うと非常に非効率的といえます。

    そこで、床に散らばった様々なものは床にある状態で似たような種類のもの同士で大雑把に分けてしまいましょう。

    例えば

    文房具にもいろいろありますが一つ一つ片付けづに文房具で一まとめにして床の一角に集めましょう。

    また玩具類ならそれも大雑把に玩具類で一まとめにして一角に、食べかけのものや、もう使用しないゴミとして出す予定のものはゴミとして一角に集めておきます。

    第二段階

    似た種類のものを更に細分化して集める

    更に細分化して分けてしまうことで収納までの時間は短縮且つ簡単になりますので、作業を進めましょう。

    例えば

    文房具に区分して床に集まっている物を筆記用具類、定規類な、消しゴムその他類など更に細分化して床上で分けておきます。

    こうすることで、細分化されたものは収納まで床上でそのままの状態でおいておきます。収納場所が確保され次第、順次片付け完了なので簡単に一時保管です。

    最後に

    収納場所を確保する

    片付け準備の最終段階は収納場所の確保です、最初から収納場所が決まっている場合はその細分化され床の上で一時保管されている物は種類でまとまって集められているためそのまままとめて収納しましょう。

    当初収納場所がなかった物

    片付け物の細分化で当初は収納場所がなかったようなもの、例えば最近の買い物で増えたようなものは収納場所を自分で好きに作りましょう。

    自分の部屋なので収納場所の決め方に細かいきまりはありません。利便性も含めて自分で考えましょう。

    次々に片付きすっきりと

    床上で一時保管されている片付け物を順次確保した収納場所に収納して片付けましょう。

    最初から一つ一つを拾い上げるより効率的且つ片付け後の見た目もよく片付くことを実感できるでしょう。

    (Photo by 著者)

    このライフレシピを書いた人