1. 料理
    2. サラダを美味しそうに盛りつけるための3つのコツ

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    サラダを美味しそうに盛りつけるための3つのコツ

    お料理は味も大切だけど、見た目でも食欲をそそるものってありますよね。特にサラダは彩りが鮮やかだとテーブルも華やぎます。

    そこでサラダをきれいに盛りつけるコツをご紹介します!!

    ポイント1: シンプルなお皿を選ぶ

    柄のお皿できれいなものもたくさんありますが、素人にはなかなか難しいものです。そこで、おすすめなのは本当にシンプルな白やオフホワイトなどのお皿です。

    ポイント2: 3色以上で盛りつける

    料理の見栄えをよくする何よりのポイントはやはり彩りです。サラダにもよりますが、3色以上で作ると彩りが鮮やかになります。

    特に、緑(レタス・きゅうり・かいわれ・万能ネギ・しそなど)、赤(トマト・にんじん・パプリカなど)、黄色(コーン・パプリカ・かぼちゃなど)はきれいに栄えますので、添えるだけでも入れると良いでしょう。

    例えばシンプルな大根サラダも、周りにトマトを添えるだけで華やかになります。

    ごぼうサラダなどの少し茶色がかったものは、万能ネギをそえたり、トマト・にんじんを混ぜてみるだけでも違って見えます。

    ポイント3: 山の形に盛る

    パスタなどでもそうですが、真ん中を高く山の形に盛ると美しく盛りつけることが出来ます。

    シンプルで見やすいので、途中の段階の写真を参考に。

    おわりに

    すぐに実践できる簡単なことばかりだと思います。サラダは特にシンプルな料理なので、見た目が大事!是非試してみて下さいね!!

    (image by 筆者)

    このライフレシピを書いた人