1. 雑学
    2. 明日の天気を知る自然の法則・空の読み方

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    明日の天気を知る自然の法則・空の読み方

    昔から、「ツバメが低く飛んだら雨」などということわざを聞いたことはありませんか?単なる言い伝えだと思う方も多いと思いますが、それなりの根拠があるものもたくさんあります。

    今回は、空を見上げて明日の天気を知る方法をご紹介します。

    「夕焼けの次の日は晴れ」

    夕焼けは西の空からの太陽の光が当たってできます。つまり、西の方角は、太陽を覆い隠す雲がなく晴れているということ。日本の天気は、西側から変わっていくので、西の天気がいいということは次の日は晴れるというもの。

    「朝の虹は雨、夕方の虹は晴れ」

    朝の虹は、太陽がある東からの光によって、西の空にできます。虹が見えるということはそこは湿度が高いということ。天気は西側から変わっていくので、雨になる。夕方の虹はその逆なので、西の晴れがやってくる。

    「飛行機雲がすぐに消えると晴れ」

    飛行機が往来している上空の湿度が低いときには、飛行機雲はできにくく晴天になり、逆になかなか消えないときは上空の湿度が高く、悪天候になりやすいというもの。

    「クモの巣に朝霧がかかっていると今日は晴れ」

    晴れた日の夜は、昼間に温められた地面から空気が逃げ、その上の空気が冷やされて、霧ができ、地面に露がつきます。夜に曇っていると霧はあまり出ないので、クモの巣に露がついているのは晴れの日に起こること。

    「ツバメが低く飛んだら雨」

    こちらは、低気圧が近づくと気温や湿気が高くなり、虫が多く出てきます。虫達の羽は湿気で重くなり、低いところを飛ぶので、エサを求めてツバメも低いところを飛ぶと言われています。

    ツバメが天気にかかわることわざは、少しずつ形を変えて、各地に多くあるそうです。

    おわりに

    自然の現象や動物たちの行動は、気象の変化に起因したものが多くあります。色々と検証してみると面白いと思います。

    雲の特徴を知ることで気象を予測することもできます。詳しく知りたい方は、以下のサイトなどをご参考になさってください。
    雲で天気を予測する/キャンプ・ハイキング・トレッキング・初心者入門サイト

    (image by amanaimages)

    このライフレシピを書いた人