\ フォローしてね /

低カロリーで味付け自在!こんにゃくステーキの作り方

nanapi
nanapi
nanapi
nanapinanapinanapi
かかる手間
Image cooktime02
食べられるまで
10

編集部からのポイント

  • 太る心配なし

    低カロリーだから夜食に食べても安心

  • 満腹まんぞく

    噛みごたえがあって腹持ちもいい

  • 好みの味付けで

    チーズ&ケチャップや焼肉のたれなど、何味でもおいしい!

  • 材料

    • 板こんにゃく(食べたい量)
    • サラダ油(ゴマ油なら風味がUP)
    • 塩コショウ
    • 薬味(ねぎ、生姜など)

    使う板こんにゃくの大きさに合わせて塩コショウの量を調整してください。

    風味づけに生姜やにんにくをプラスして
    こんにゃくを炒める前に、生姜やにんにくを炒めると香りがついて美味しさが増すので、あればぜひ使ってみてください。
    板こんにゃく以外は使えない?
    玉こんにゃくや糸こんにゃくでも味付けは合います。ただし、厚みのあるステーキのイメージとは異なってしまうので、ステーキっぽくしたい場合は板こんにゃくがおすすめです。

    作り方

    1こんにゃくを切る

    • 1:こんにゃくの表面に、包丁で格子状に切れ込みを入れる
    • 2:ひと口大に切る

    小さめに切ったほうが、出来上がったときに味が絡みやすくておいしいです。

    包丁の代わりにフォークを使ってもOK
    包丁を使うのが面倒な場合は、フォークを突き刺して穴を開けたり、スジをつけたりすれば代用になります。

    2こんにゃくを茹でこぼす

    • 3:水が入った鍋にこんにゃくを入れる
    • 4:沸騰させて1〜2分茹でる
    • 5:こんにゃくをザルに上げてお湯を捨てる

    この下処理を「茹でこぼし」といいます。沸騰させたお湯をあふれさせるわけではないので注意してください。

    茹でこぼすと味が染みておいしい!
    少し面倒かもしれませんが、一度茹でこぼすと水分が抜けて味が染みやすくなり、臭みも取れるので、ぜひやってください。
    こんにゃくの茹でこぼしの方法
    やってみた人からの声こんにゃくは茹でこぼしの前にすりこぎや瓶の底で叩いておくといいですよ。繊維が壊れることで中の水が出て、臭みが取れやすくなります。味もよく染みるのでおすすめ!

    3こんにゃくを焼く

    • 6:フライパンに油を引く
    • 7:生姜やにんにくがあれば先に弱火で炒める
    • 8:こんにゃくを入れ中火以下でじっくり焼く
    • 9:片面が焼けたらもう片面もこんがり焼く
    • 10:塩コショウで味付けする
    こんにゃくを炒める前に油に香りづけ
    生姜やにんにく(分量外)があれば、フライパンに油を熱しているときに炒めておきます。焦げないように弱火にするのがコツ。香りがしてきたらこんにゃくを入れて焼けば風味豊かな仕上がりに。

    4盛り付けて完成!

    盛り付けは、家にある材料を使ってお好みでどうぞ。写真は「こんにゃくステーキバター醤油ねぎまみれ」です。

    こんにゃく侮るなかれです。簡単に作れるので、ぜひ夕食の1皿にどうぞ。

    色々な味付けを楽しもう!

    • 刻みねぎとおろし生姜、かつお節にしょうゆで和風に
    • チーズやケチャップ、マヨネーズで子どもも好きな味
    • ポン酢に大根おろしでさっぱりと
    • 焼肉のたれでステーキ気分アップ
    • しめじや人参を炒めて乗せて、ボリューム感のあるメインの1品に
    このライフレシピを書いた人

    Twitterで紹介!

    nanapiモーメントで紹介しているツイートです。

    Banner line

    編集部にリクエスト!

    「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。