\ フォローしてね /

焼き豆腐を包む!変わり種ロールキャベツの作り方

ロールキャベツはお好きですか?美味しいですよね。でも、キャベツをはがすのがちょっと苦手…という方もいらっしゃるのでは?

今回は、キャベツの葉のはがし方に重点を置き、中身は焼き豆腐で和風のロールキャベツを作ってみたいと思います

キャベツの葉のはがしかた

キャベツの葉をはがしていきます。とにかく落ち着いて!ゆっくりはがしていきましょうね。

指で隙間を作りましょう

まずは、外葉を2枚くらいはがします。これはお味噌汁などに使うこともできるので捨てずに置いておきましょう。

一番上の葉の間に指を入れて浮かせてみましょう。あまり無理をしなくても大丈夫ですよ。少しだけ空気を入れる気持ちで!

芯に切れ目を

次に裏返し、芯に切れ目を入れます。こうすることで、はがすのが楽になります。

優しく、焦らずはがしましょう

はがす葉の両脇からまた指を入れ、入り組んだ葉を浮かせて、そのあと芯の方はら少しづつはがしていきます。

どうでしたか?破らずに綺麗にはがれたでしょうか?

葉を茹でます

はがした葉を巻きやすくするために茹でます。鍋でもいいのですが、少ない水で蒸すような感じでも十分柔らかくなるので、今回はフライパンで茹でています。

はじめは葉が固く、蓋はできないのですが、だんだん葉が軟らかくなってくるのでそうなったら、ふたをして蒸してください。

いい具合に柔らかくなりました。冷めたら、芯の部分を薄く切りましょう。こうすることで更に巻きやすくなります。

薄く切った芯は最初に置いておいたキャベツの外葉と共に本日のお味噌汁に入れました。外葉は色がきれいな緑なので、仕上がり前に少し火を通すくらいがGOOD!

焼き豆腐を包みます

焼き豆腐を適当な大きさに切り、葉でつつんでいきましょう。

まずは、下から豆腐にかかるくらいに葉を折り、両側から豆腐にかかるように折りあげます。

この写真のように葉の隙間に最後に残っているペランペランを入れ込みます。

こうすることで、つまようじを使わずにきちんとまとめることができます。

こんな感じになります。

ロールキャベツに味付けをしていきます

半分はベーコンを巻いてみました。こうすること豆腐だけどコクが出ます。さらに焼くと、香ばしさもプラスされ、ベーコンが焼けて縮むことではがれにくくなります。

この後、変わりロールキャベツが浸るくらいの水を入れ、粉末だし小さじ2~3、酒、みりん、さとう、各大さじ1、ある程度柔らかくなったら、しょうゆ大さじ1を入れ、味がしみたら、完成です。

今回は、器に盛った後、汁だけを片栗粉でアンにし、とろりとロールキャベツにかけておろししょうがを乗せ、仕上げました。

おわりに

いかがでしたか?中身はお豆腐なので、キャベツが軟らかく煮えれば完成。今回は、20分ほどで完成しました。

和風だしで作ってみましたが、洋風でも行けるのではないでしょうか?

焼き豆腐をベーコンで包んでからキャベツで巻いてみるのもよし、チーズをとろけさせてみても美味しいかも?

あなた好みの変わりロールキャベツを作ってみてくださいね。

(Photo by 著者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。