1. 料理
    2. 余り物で鍋焼きうどんの作り方

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    余り物で鍋焼きうどんの作り方

    このレシピの生い立ち・おすすめ理由

    寒くて買い物に行くのが億劫なときに、余り物で鍋焼きうどんを作るようになりました。

    冷蔵庫の整理にもなるし、節約にもなるし、体も温まるのでオススメです。

    材料 (2人分)

    • うどん 2人前
    • 肉(鳥か豚がオススメ)適量 
    • 余り物の野菜(葉物、きのこ、ネギなど)好きなだけ
    • 卵 2個
    • 麺つゆ(表示の濃縮度に合わせてください)1500ccくらい

    鍋焼きうどんの作り方

    STEP1:材料を食べやすい大きさに切る

    野菜は1口大に切ります。

    お肉も食べやすい大きさに切りましょう。

    STEP2:つゆを作り、材料を煮る

    土鍋でつゆを作ります。水を入れてからお使いの麺つゆを入れて味を調えていただいても結構です。

    まずはじめに、お肉ときのこ類を入れ、十分だしをとった後、野菜を入れましょう。

    STEP3:うどんをゆでる

    乾麺や半生などの場合はゆで、一度水でよくしめた後、土鍋へ入れてください。ゆでめんの場合は鍋へそのまま投入し、沸騰したら卵を入れ、少し煮れば完成です。

    完成!

    熱々の鍋焼きうどんの完成です。

    (Photo by 著者)

    このライフレシピを書いた人