1. 暮らし
    2. 今すぐ家庭でできる!家電別節電のポイントリスト

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    今すぐ家庭でできる!家電別節電のポイントリスト

    ちりも積もれば山となる。節約を考えるなら、節電で電気代のカットを目指してみてはいかがでしょうか?

    節電には、まず家庭での機器別消費電力を正確に把握することが必要。掛かっているポイントが分かれば、節電効果が驚くほど上がると思います。

    どの家庭でもすぐに実施できます。是非とも参考にしてください!

    まずは家庭での消費電力の把握

    家庭での使用電気量の約4割は、エアコン・冷蔵庫・照明器具・テレビの4つといわれています。

    • 冷蔵庫:14.2%
    • 照明器具:13.4%
    • テレビ:8.9%
    • エアコン:7.4%

    これらの家電について、節電を試みると、効果が大きそうです。

    家電別節電のポイントリスト

    冷蔵庫に関する節電ポイント

    • 冷蔵庫の中を整理して冷蔵効率をよくする
    • ドアの開け閉めを減らす

    照明器具に関する節電ポイント

    • 明るくなったらすぐ外灯を消す。また看板等は、可能な限り使わない
    • 家族で1つの場所に集まり、電気を効率よく利用する
    • LED・エコ電球に変更する

    テレビに関する節電ポイント

    • 初期設定より画面の彩度を落としてみる
    • 主電源を落とし、待機電力を使わない
    • 必要以上に見ない

    エアコンに関する節電ポイント

    • エアコンの設定温度は下げすぎない(冷房)・上げすぎない(暖房)
    • サーキュレーターを併用する
    • ブライド・カーテン・雨戸などを利用して室温を調整し、エアコンの使用量を減らす
    • いつもより多く衣類を着用し、設定温度を下げる(暖房)

    こんな節電ポイントも!

    その他の家電で節電できるポイント

    その他の家電で、特に消費電力が高いといわれている家電は、以下のとおりです。およその消費電力とともに見ていきましょう。

    • トースター:1,000W
    • 電子レンジ:1,300W
    • 卓上調理器:1,200W
    • ホットプレート:1,300W
    • 掃除機:1,200W
    • ドライヤー:1,200W
    • アイロン:1,200W

    これらの使用の際には、以下のポイントに気を付けてみましょう。

    • 使っていない電化製品の待機電力をなくす(主電源をOFFにする)
    • 瞬間的に電力がかかる家電の利用を意識的に減らす

    家庭外でもできる節電ポイント

    家の外でも、節電を心がけることができます。自分が払う電気代に直接は関係ないものの、いつでも節電を気にすることで、エコな生活を送れるようになりますよ。

    • 公共の交通手段をなるべく利用する
    • エレベータの利用を控える

    節電は小さいことの積み重ねです

    どんな人・どんな家庭でもできることの1つが、節電だと思います。まずはやってみましょう。そして、今回の緊急事態に限らず、日ごろより節電を心がけていくことが大切です。

    (image by PIXTA)

    このライフレシピを書いた人