1. 暮らし
    2. お風呂に入ってるときの地震に対応する方法

    お風呂に入ってるときの地震に対応する方法

    このライフレシピのもくじたたむ

    お風呂に入っているときに突然グラッと来たときの対処法です。

    お風呂は裸で最も無防備ですから、パニックになってしまいがちですが、正しい対処法をチェックし、落ち着いて行動するようにしましょう。

    トイレ・お風呂にいるときの地震に関しては、こちらのページも参考になります。
    消防庁「地震防災マニュアル」

    入浴時の地震対処法

    ポイント1:頭を守り、揺れが収まるのを待つ

    慌てず、落ち着いてお風呂の中で揺れがおさまるのを待ちます。落下物などから身を守るため、お風呂のフタなどで頭を守りましょう。窓や鏡などのガラスの破損によるケガに注意しましょう。

    身の安全が確保でき、余裕があれば、お風呂のドアが変形して開かなくなり、閉じ込められるのを避けるために、少しだけドアを開けておきましょう。

    滑りやすいので立ったままおらず、必ずしゃがむか座り込んでしまいましょう。

    ポイント2:足元に危険がないか注意

    揺れがおさまったら、かみそりや鏡など、危ないものが落ちていないかをよく確認します。裸足ですから、充分注意しましょう。

    ポイント3:追い炊きや自動スイッチを切り、お湯は抜かない

    お風呂から上がるとき、追い炊きや自動スイッチが入っていたら、忘れずに切りましょう。ガスを止め、火災が起きることを防ぎます。

    断水の可能性も考えて、お湯は抜かず、そのままにしておきます。トイレを流すのに使ったり、洗濯などにも使うことが出来ます。

    ポイント4:最悪、服は避難後に着てもいい

    お風呂を上がったあとは裸ですが、とにかく避難を優先しましょう。服を着ていて二度目の揺れが来ては大変です。

    緊急性が高い場合は、バスタオルや毛布で体を包み、着替えを忘れずに持ち、とにかく外に逃げましょう。落ち着いたら服を着ればOKです。このとき、靴はしっかりしたものを履くように注意しましょう。

    おわりに

    慌ててしまいがちなお風呂での地震ですが、ゆっくりと落ち着いて避難しましょう。

    Twitterで紹介!

    (image by 足成)
    (image by nanapi編集部)

    このライフレシピを書いた人