\ フォローしてね /

煮干しの下ごしらえ「はらわた」を取り出す方法

煮干しはダシの代表ですよね。そんな煮干しをダシとして利用するためには、ちょっとした下ごしらえが必要になります。

煮干しの「頭」と「はらわた」を取り除きます。

「頭」は、そのまま、手でカンタンに、もげます。「はらわた」は、手で煮干しを切り裂いて、中から出します。でもチョット手間です。

カンタンに「はらわた」を取り出す方法を、紹介します。

用意するもの

  •  煮干し
  •  水

いわゆる「煮干しの下ごしらえ」

いちおう、スタンダードな「煮干しの下ごしらえ」も紹介しておきます。

STEP1

煮干しを、まな板などの上に、取り出します。

STEP2

「頭」を、手で、もいでいきます。

煮干しの背部分に爪を当てて、身を二分割します。黒い塊に見える「はらわた」を取り出します。

STEP3

「頭」と「はらわた」を取り除いたら、水で5分ほど煮込みます。煮干しを取り出せば、美味しいダシの出来上がりです。

超カンタン!「はらわた」の取り出し方法

こちらがオススメのカンタンな方法です。頭をつけたままの状態で作業します。

STEP1

鍋に煮干しを入れます。このときは、煮干しのまま。頭を付けたままで入れてください。

煮干しが半分浸るほどの水を入れて、軽く弱火で加熱します。沸騰は、させません。

ぬるま湯の状態で火を止めて、1分後、煮干しを取り出します。

STEP2

「頭」を、そおっと、引っ張ってみてください。するり、とカンタンに「はらわた」が取り出せます。

「はらわた」は千切れることなく、ちゃんと、ひとかたまりとして取り出せるのがポイントです。あっさりカンタンに出来ますよ。

おわりに

煮干しは「はらわた」の取り出し方が出来るようになると、どんどん料理に役立てたくなってきます。根菜などを煮込む料理にもオススメです。

敬遠せずに、最初は「カンタン」に出来るようになることも大切です。機会があれば、ぜひ、お試しください。

(image by 筆者) 

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。