\ フォローしてね /

断水時にトイレの水を流す方法

断水時にトイレの水を流す方法を紹介します。

実際に自分で水を流すとき不安があったので、自分なりに工夫をしたところ成功しました。個人的なコツを紹介しますので、参考にしていただければ幸いです。

まずは…TOTOによる正しく水を流す方法が参考になります

実際に水を流す方法

準備

  • バケツに6L
  • ペットボトル2Lを2本

最初に水を用意しておきます。運ぶとき、傾けるときに、こぼさないように注意しましょう。

トイレにオート機能がついている場合は、切っておきましょう。

STEP1

床に敷物をしておきます。新聞紙は防寒用に貴重なので、広告チラシや、そのまま捨ててもいい紙類ダンボール類などを用いました。

便器に関連するコンセントは、抜いておきます。

便器の蓋と、便座の両方を上げてから作業します。

STEP2

便器の水面の「中央部分」を目掛けて、バケツを傾けながら、水を投入します。

STEP3

便器内を流したあと、さらにペットボトル2本の水を便器に入れます。

便器内の水が少なくなりすぎないよう、水面の高さに注意します。水面の高さが維持できていたら、大丈夫です。

実際の体験から助言

ちょっとオススメなのは、便器の水面に「トイレットペーパーを一枚」覆い被せておくことです。たった1枚の薄いペーパーですが、飛散防止に役立ちます。

実際に「流し水」で、排水をしました。最初に水を入れるとき、一番気がかりなのは、「飛び散り」「あふれ」でした。便器の中には「汚物」があるわけです。

トイレットペーパーを「覆い被せ」ました。二枚重ねタイプのトイレットペーパーを使用していたので、一枚づつに分けました。便器内の水面を、一枚にしたトイレットペーパーで覆います。覆い過ぎないのがポイントです。

一枚の「薄い」状態のトイレットペーパーが、「水面での飛散」を防いでくれました。

トイレットペーパーを覆わないと、水の投入加減で、水滴(汚物の色です)が跳ねてしまいます。投入加減のコツに慣れていないと、いたずらに床を汚すことになります。

バケツを持つ手に不安がある人、水の投入加減で不安がよぎった場合は、いったん手を止めて、トイレットペーパーを覆い被せるのをオススメします。成功率が高まります。

ただし、便器内の水面に対してトイレットペーパーは「一枚の状態」「二枚重ねタイプは、ちゃんと一枚に分けたうえで使用する」のがコツです。

おわりに

断水中の環境で生活しているので、トイレの排水問題は重要です。万が一、町の防災担当者から、下水道の使用中止を指示された場合には、その指示に従いましょう。

お見苦しい写真であることをご容赦願います。断水のトラブルも、衛生的に乗り切りましょう。

(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人
このライフレシピに関係するタグ
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。