\ フォローしてね /

高い場所から避難するときに役に立つロープの結び方

このライフレシピのもくじたたむ

災害時、2階から降りられなくなった、高いところから避難したいというときもあると思います。

こんなとき、ロープがあるととても便利ですが、使い方が分からないとどうすることもできないですよね。まして、適当に使って逆に怪我をしてしまってはどうしようもありません。

そこで、高い場所から避難するときに役に立つロープの結び方を紹介します。

「腰掛け結び」のやり方

腰掛け結びは、人をつり下げて避難させることもできれば、自力で避難することもできるやり方です。

STEP1

ロープの端を折り返して二重にします。

STEP2

二重にしたロープに小さな輪を作ります。

STEP3

作った輪の部分にループ部分を通します。

ループとは、折り返した部分「輪」のことをいいます。

ループ部分を通したら、下の写真にある青い矢印の方へ少し引っ張ります。(輪の部分が小さくなるように引いてください。)

STEP4

次に、下の写真の青い矢印の通り、ループ部分に二重になってるループを通し、最初のループは赤い矢印のように、そのまま上へ持っていきます。下の写真のようになればOKです。

STEP5

青い矢印のようにロープを引っ張り、輪になる部分を調節します。

STEP6

調節が終わったら、赤い丸印部分を押さえながら、青い矢印の方向へロープを引っ張り、結び目を締めて完了です。

使い方

二重になっている輪の一方を両わきにくぐらせ、もう一方に両足を通して身体を支えます。(下の写真参考)

自力で避難する場合

丈夫な柱や鉄柱などにロープをかけ、そのロープをつかんで降りるようにします。

おわりに

腰掛け結びは、意外と簡単に作ることができます。ロープでこの作り方しか知らなくてもいろいろと応用がききますので、覚えておくといざというときに役に立つと思います。

どうぞ、参考になさってください。

(Photo by 著者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。