\ フォローしてね /

いざという時の命綱に…!ビニール袋や布からロープを作る方法

このライフレシピのもくじたたむ

ビニール袋からロープを作る方法をご紹介します。ビニール袋以外にも、シャツなどを細く裂いた布でも同じ方法で作ることができます。用途に応じて強度や太さを調節することが可能です。

用意するもの

  • ビニール袋(または布など)
  • はさみ・カッター
布の場合は繊維に沿って裂いてください。ハサミは不要です。

ロープの作り方

STEP1: ビニール袋を切る

ビニール袋を縦に折ってたたみ、横向きに1センチ幅程度で切ります。切る幅は、強度を要するときは太めに、細くて良い場合は細めに調整してください。

STEP2: 輪をつなげる

切ったビニールの輪っか2つを写真のように交差するようにからませ、両側をひっぱってつなげます。つなぐときに輪が傾かないように注意してください。

STEP3: 3本作る

同様にして3つ輪をつなげたものを3本作ります。

STEP4: 端を結ぶ

3本作ったものの端に結び目を作って1本にまとめ、端の輪を固定できるところにかけます。足の指にかけてもやりやすいでしょう。

STEP5: ねじる

3本それぞれを、同じ向きにねじっていきます。

STEP6: 三つ編み

ねじったひもを三つ編みにします。ねじりがなるべく取れないようにしましょう。

STEP7: つなげる

端まで編み終わったら、STEP2と同様にして端にビニールの輪を継ぎ足し、以下同様に編む作業を繰り返します。

STEP8: 完成

A4サイズのビニール袋から、1メートル40センチのロープができました。

おわりに

強度がすこし低くなりますが、使うひもを2本にしてねじり合わせると、もっと長いロープになります。利用目的に応じて使い分けてみてください。

災害時には物資が足りない中で、不自由な生活を余儀なくされます。このレシピが少しでも役立てば幸いです。

(Photo by 著者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。