1. 暮らし
    2. 被災地でもどこでもゴミ袋で作れる!レインコートの作り方

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    被災地でもどこでもゴミ袋で作れる!レインコートの作り方

    被災地では雨に見舞われることもあります。そこで当記事では、ゴミ袋を使ったレインコートの作り方について解説します。

    用意するもの

    • 45リットルのゴミ袋2枚
    • はさみ

    フード部分の作り方

    ゴミ袋の底側の赤線を引いた部分に切り込みを入れます。細長い部分の幅は約5cmです。この部分は出来あがり時に紐になります。

    緑丸の部分に頭が入ることを想定して、緑矢印部分の幅を調整します。

    黒線の「輪」(つながっている)の部分を切り離します。

    赤線の部分が頭頂部になるようにして広げます。

    出来あがり図です。緑丸の部分に頭が入ります。赤丸の部分は紐になっているので、前で結び合わせます。

    フード部分といっても、実際にかぶってみると、肩まですっぽり入るくらいの大きさがあります。

    ボディ部分の作り方

    ゴミ袋の底を上にして、折り山が左にくるように半分に折りたたみます。線で印をつけた分を切り取ります。黒線は頭、赤線は腕を出す部分です。

    出来あがり図です。ノースリーブのシャツのような形になっています。

    おわりに

    今回ご紹介したレインコートは、ゴミ袋とはさみさえあれば簡単に作れます。また小さいお子さんから大人まで使えます。さらに、雨を防げるだけでなく、防寒にもなります。

    当記事が、被災されたかたにとって少しでもお役に立てば幸いです。

    (image by 筆者)

    このライフレシピを書いた人