1. 暮らし
    2. 長時間外出する際のガスの元栓の締め方・戸締まりの方法

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    長時間外出する際のガスの元栓の締め方・戸締まりの方法

    皆さまはお出かけの際にガスの元栓を締めてから出掛けていますか?「そんなのいちいち面倒くさい」という方がほとんどでしょうね。

    日々の仕事や外出の際に、わざわざ元栓を締めて出掛けるのは面倒くさい事ですが、旅行など長期の外出の時には元栓は締めてから外出しましょう。

    ここでは、ガスの元栓の締め方、また長期外出のための戸締りの仕方を書かせていただきます。

    なぜガスの元栓を締めなければならないのか

    長期の外出の場合は、不測の事態も頭に入れて置いた方が良いからです。

    外出の間の災害

    家を留守にしている間に大地震などの災害に家が巻き込まれる可能性もあります。

    そんな事、滅多に無い。と思われるでしょうが、我々は阪神・淡路大震災東日本大震災で、すでに身近に災害を感じていると思います。

    災害時にガス漏れが起きた場合は大きな二次災害を引き起こす切っ掛けになってしまいます。

    外出の間のガス漏れ

    震災に巻き込まれる事は無くても、外出前にガスが漏れていることに気づかない場合もあります。

    ガスはちょっとの火花で引火しますから、家に帰ってきた時に玄関のドアを開ける衝撃で爆発する可能性もあるわけです。

    もし貴女の外出中にお子さんが先に家に帰ってくるような事があったら・・・ちょっとゾッとしませんか。

    ガスの元栓の締め方

    締め方はいたって簡単。ただ元栓のレバーを「閉める」方向に回すだけです。

    元栓の場所

    恐らく「今までの人生で元栓を締めた事がないから場所が解らない」という方も多いと思われます。

    元栓は、コンロ、ヒーターなど各ガス器具に付いています。コンロの元栓はコンロのすぐ側にありますので確認してみましょう。

    システムキッチンの場合は、コンロの下の収納扉の中に入っている事も多いですね。扉を開けて、コンロ下を確認してみて下さい。

    給湯器の元栓

    給湯器は、家の外にある方が多いかと思われます。(筆者の家の場合は給湯器はベランダにあります。)場所を確認してみましょう。

    戸締りの仕方

    戸締りに関しては言うまでもなく皆さまやっていらっしゃる事でしょう。

    長期の外出の時は雨戸も閉めよう

    普段の外出では雨戸まで閉める方は少ないでしょうが、長期の外出の場合は雨戸やシャッターも閉めましょう。

    窓の鍵を閉めても窓ガラスを割れば泥棒は侵入できてしまいます。しかし、雨戸やシャッターを壊してまで侵入してくる泥棒はあまりいません。

    個人の家に侵入する犯罪者の場合、あまりにも時間が掛かる時は侵入をあきらめることが多いのです。

    玄関は出来たらダブルロックに

    鍵が1つしか付いていないお宅は、出来たらダブルロックに変えましょう。上にも書きましたが、犯罪者は侵入に時間がかかる家ほど犯罪をあきらめる確立が高いのです。

    賃貸の場合は大家さんに相談してみて下さい。

    おわりに

    防犯・防災、どちらの方向から見ても、ガスの元栓を締めることや戸締りを厳重にする事は大切な事です。

    防災に関しては、大きな災害が起きた後は皆さん気をつけますが、日が経つにつれて忘れていってしまいがちです。

    一度得た教訓は忘れないように、万が一に備えて常に警戒する気持ちを持ち続けていたいものですね。

    (image by amanaimages)
    (image by 筆者)

    このライフレシピを書いた人