\ フォローしてね /

しわをとりながら洗濯物を干す方法

毎日のお洗濯、本当に面倒ですよね。洗濯機をまわして、干して、アイロンがけ、そしてたたんで、しまって……。他の家事もあるのに・・・などと嫌になってしまいます。

そこで、アイロンがけを少なくするために、「しわをとりながら洗濯物を干す方法」をご紹介します。

一見面倒くさそうですが、洗濯物を仕分けながらできるので、干すときに効率的に干せて時間の短縮にもつながりますよ。

STEP1: 洗濯機をまわす

洗濯機を普通にまわし、終わったら取り出します。

洗濯が終わってからあまり時間をおいて取り出すと、しわがとれにくくなりますのでご注意ください。

STEP2:濡れたままの洗濯物を一度たたむ

取り出して濡れたままの洗濯物を、一度しまうときのようにたたみ重ねます。きっちりやらなくても簡単で良いです。

たたむときにしわを伸ばすイメージでやりましょう。靴下などは広げて重ねておくだけでOKです。TシャツはTシャツ、ズボンはズボン、タオルはタオルとまとめて重ねましょう。干すときにも楽です。

STEP3:重ねたものをひっくりかえす

2でたたみ、重ねた洗濯物の上下をひっくりかえします。下にあったものは上に重ねたものの重みでしわが伸ばされていますので、ひっくり返すことで逆の状態にします。

STEP4:干す

上にあるものから、順に干していきます。

干すときにあらためて、パンパンたたきながらなど干す必要はありません。

おわりに

ワイシャツなど、きっちりしわを伸ばさなければいけないものは、この方法では不十分ですが、アイロンがけが楽になるくらいには、しわを伸ばすことが出来ます。

タオルやふきんはもちろん、Tシャツなどは、これで十分。アイロンをかける必要はありません。

干すときにパンパンとしわを伸ばすよりも、この方法のほうが座ってテレビを見ながらできて楽ですよ。是非、こちらの方法を試してみてください。

(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。