1. 料理
    2. 非常時にもオススメ!インスタント麺で栄養採れるレシピ

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    非常時にもオススメ!インスタント麺で栄養採れるレシピ

    このレシピの生い立ち・おすすめ理由

    インスタントラーメンは非常時に、とても役立ちます。オススメは、「1人分1個」を、栄養たっぷりメニューにする方法です。しかも1人分のインスタントラーメンが3人分になります。

    基本的に「余りもの」「残りもの」「保存食」など、ありあわせの食材だけで大丈夫です。

    ポイントは「具を多くして」「スープを麺に吸わせてしまう」ことです。

    材料 (3人分)

    •  インスタントラーメン(何でも可)
    •  乾物(ちりめんじゃこ、ワカメ、ワカサギなど)
    •  野菜(余りもの、残りものなど)
    •  ふりかけ・調味料類(かつをぶし、マヨネーズなど)

    作り方

    STEP1:スープ作成

    ニンニクがあれば炒めます。

    サラダ油があれば、サラダ油を大さじ1杯~2杯を入れて、ニンニクの成分がオイルに溶け出すようにします。ガーリックオイルになって、とても香ばしくなります。

    サラダ油がなければ、水で構いません。水は少量ずつ入れて、加熱で蒸発していくたびに追加するようにします。

    5分間ほど炒めます。そのあと、インスタントラーメン1杯分に相当する水を入れて、インスタントラーメンに添付されているスープも加えます。強火で沸騰させます。

    STEP2:強火3分

    冷蔵庫やキッチンで残っている野菜を加え、最後に麺を入れます。

    えのきがあれば、えのきを加えます。瓶詰めの、なめたけもオススメです。なんでも入れてしまいます。

    STEP3:中火3分

    切り餅や、ちりめんじゃこがあれば、さらに加えます。

    切り餅は、麺の上に乗せるのがオススメ。切り餅は、そのまま乗せるのではなく、あらかじめ「薄く」スライスしておくと、すぐに火が通りますよ。

    ちりめんじゃこやワカサギなど、乾物の魚介類は、フライパンの中で、ふりかけるように加えます。

    麺を、ほぐしながら炒めます。3分~5分たったら、強火にして水分を飛ばします。焦げ付かないように注意しながら、ヘラや菜箸で、よくかきまぜましょう。

    インスタントラーメンのスープ成分が、フライパンのへり部分でパリッと薄い皮のようになってきたら完成です。

    完成!

    かつをぶし、マヨネーズをかけれは完成です。写真は1人分相当です。

    非常時は、食器の手間もあるので、スープを残さないようにすると後片付けも楽です。食べ終わった後の食器は、乾燥させてラップをかけておけば何回か使用可能です。

    インスタントラーメンに具を加えて煮詰めることで、液体を飛ばし、濃密な味に仕上げると、驚くほど満足感が得られます。

    ちりめんじゃこなどの乾物を加えることで、インスタントラーメンでありながらも、よく噛むようになるのもポイントです。よく噛むことで、だえきが促進されます。だえきの促進で、消化吸収の働きも良くなります。

    回数多く噛むことで、食欲もコントロールできるようになり、たくさん食べていなくても満腹感が得られるほどになることも。かなりオススメです。

    加熱時間のトータルが10分以内であれば、インスタントラーメンを使用しながらも、「のびてしまった」ということになりにくいですよ。

    野菜、餅は「薄く」することで加熱時間を早められます。乾物は、もともとそのままで食べられるものなので、最後のほうに入れるほうが、美味しさが薄まらないで済みます。

    (Photo by 著者)

    このライフレシピを書いた人