\ フォローしてね /

フライパンで作る菜の花の天ぷらのレシピ

天ぷらなどのフライ物って、油の処理が面倒なので敬遠している人が多いのではないでしょうか。でも、フライパンを使った天ぷらなら、手間がかからず、後始末も楽々です。

そこで、当記事では、春の味覚・菜の花の天ぷらをフライパンで作ってみました。

材料(天ぷら10枚分)

  • 菜の花…1束
  • 天ぷら粉…2カップ
  • 水…350ml
  • 油…適量
天ぷら粉と水の配合は、商品の種類によって異なります。ちなみに、水を多めにするとパリパリサクサク。少なめにするとモチモチの衣になります。お好みで調整してください。

菜の花の天ぷらの作り方

STEP1:菜の花を切り分ける

菜の花を洗って、切り分けます。固い茎の部分は細かめ(1cm幅くらい)に、柔らかい葉や花の部分は原型を残すほど大雑把です。

STEP2:天ぷら粉と水を混ぜ合わせる

天ぷら粉と水をさっくり混ぜ合わせます。多少ダマが残っても気にしな~い。

STEP3:菜の花を混ぜ合わせる

STEP2の生地に菜の花を混ぜ合わせます。

STEP4:フライパンで焼く

底に油をひたひたになるくらい注いだフライパンで、生地を焼きます。

STEP5:ひっくり返す

焼いているほうの面がパリパリになってきたら、ひっくり返します。

STEP6:バットにあげる

両面をこんがり焼いたら、バットにさっとあげて、余分な油を落とします。

STEP7:STEP4~6をひたすら繰り返す

フライパンの大きさに応じて、数回のロットに分けて、天ぷらを作り続けます。フライパンの油が少なくなってきたら、適宜足しましょう。

完成!

かなりビッグサイズのものも含めて、10枚ものかき揚げが完成しました。

ちなみに、衣が油を吸うので、調理後のフライパンは下の画像のようにカラカラになります。通常の天ぷらよりも後始末が楽ちん。

おわりに

菜の花の天ぷらは、麺つゆにつけたり、塩を軽く振ったりして、おつまみにしても美味しいですし、うどんやそばのトッピングにするのもありです。

特に、富士そばの「春菊天」が好きな人ならかなりハマルと思いますよ。ぜひお試しあれ。

(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人
このライフレシピに関係するタグ
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。