1. 暮らし
    2. 電池や火は不要!節電、停電時に使える照明術

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    電池や火は不要!節電、停電時に使える照明術

    この記事では、電池や火(つまりライトやロウソク)を使わずに、節電、停電時に使える照明術を紹介します。

    特に地震などの災害時、火を不用意に使えない場面で役立つでしょう。

    使うのは「光る棒」

    「光る棒」とは、別名「ケミカルライト」「サイリューム」ともいいます。ライブやお祭りなどでよく使いますね。

    真っ暗な中で使うとよくわかるのですが、非常に明るく発光します。

    主な特徴

    • 360度方向に光を発するので、広範囲を照らすことができる
    • 発光時間は4~8時間ほど
    • 水に濡れても大丈夫(水中でも使える)
    • ダイソーなどで安価で買える
    • 太いもの、細いものの2種類あり、用途で使い分けができる
    • ライトと違って、手がふさがらない

    使い方

    たとえばダイソーだと、100円で「太いもの1本」「細いもの3~4本」となります。

    用途で使い分けるので、それぞれ用意しておくと便利です。

    太いもの

    強い光を発するので、できるだけ上からかざして、広範囲を照らす、という使い方に向いてます。

    天井にテープでくっつけて、蛍光灯の代わりにしてもいいでしょう。

    細いもの

    複数個所に設置したり、複数人が持ったりしたい場合、または「特定の人、モノ」を識別したいときに使うと便利です。

    リングにできるタイプなら、腕につけたりして使います。

    注意点

    発光時間

    ドンキホーテなどの雑貨ショップで売ってるようなものは、発光時間が短いもの(15分しか光らないなど)が多いので、注意してください。

    購入時は「発光時間」をチェックしましょう。

    使用期限

    パッケージには「袋からだしたらすぐ使ってください」と書いてあるものもありますが、基本的には使用期限はありません。数年経った古いものでも、ちゃんと光ります。

    容器の取り扱い

    容器はプラスチックなので、強く折り曲げたりしないように気をつけましょう。

    おわりに

    色は様々なものがありますが、「明るく照らす」ことを考えると、「白」が一番適してるかと思います。

    (Photo by Tony Tony)

    このライフレシピを書いた人