1. 雑学
    2. 10まで?ノンノン!両手で『1023』まで数える方法

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    10まで?ノンノン!両手で『1023』まで数える方法

    あなたは両手でいくつまで数えられます?

    普通の人であれば「10」、なにくそ!と「20」まで数える人もいるかも・・・
    でもなんと、両手で『1023』まで数えられちゃう方法があるんです!

    何に使えるの?

    大人数を数えるときや、4桁の数字を記憶するときに重宝します。

    やり方の原理

    普段私達が使い慣れている10進数ではなく、2進数というものを利用します。2進数はパソコンなどで使われている方法で、0と1のみを使用して数を表現します。

    やり方

    まずは片手で練習しましょう。
    右手の親指を1の指、
    ひとさし指を2の指
    中指を4の指
    薬指を8の指
    小指を16の指
    として、指が立っていることを1、つまりONの状態
    指が折れていることを0、つまりOFFの状態と考えます。

    "7"を表す場合
    親指=1の指、ひとさし指=2の指、中指=4の指を立てる!
    スリーピースのような感じですね。

    "17"を表す場合
    親指=1の指、小指=16の指を立てる!
    電話のサインのような感じ。

    "27"を表す場合
    中指=4の指以外を全部立てる!

    片手だとこんな感じで数えることができます。

    やり方2 両手の場合

    片手の場合と同じように、両手を使うと数える数を増やすことができます!
    右手の親指を1の指、
    ひとさし指を2の指
    中指を4の指
    薬指を8の指
    小指を16の指

    とするのは同じで・・・・さらに、

    左手の親指を32の指、
    ひとさし指を64の指
    中指を128の指
    薬指を256の指
    小指を512の指

    とすることで、片手の場合と同様に、
    『1023』まで数えられちゃうという訳!!
    数字とこんな形で新しく触れ合うと、
    数字がもっと楽しくなるかもしれません!

    小学生や中学生のお子さんがいましたら、
    ぜひ教えてあげてくださいね!

    関連ライフレシピ

    このライフレシピを書いた人