\ フォローしてね /

化学に役立つ 元素や周期表の覚え方

中学校や高校の化学の授業で習う元素記号。それと共に元素周期表も習います。学校によってはテストの穴埋め問題として出てくるかもしれません。化学が好きな人や得意な人でない限り、周期表を丸々覚えるのは大変です。一夜漬けで何とか覚えても、テストが終わって忘れてしまったら意味がありません。そこで、元素周期表の覚え方をご紹介します。語呂合わせなので、楽しく覚えられると思います。ぜひ声に出して実践してみてください。

中学校や高校に進学すると化学の授業で習う元素の周期表。元素記号がズラッと並んでいます。学校によっては期末テストの問題として、周期表の穴埋めがあるかもしれません。表を丸々頭にインプットできれば良いのですが、よほど化学が好きな人でないと難しいでしょう。

一夜漬けで覚えても、元素記号の数も多いのでテストが終わったら端から忘れてしまいます。それでは意味がありません。

そこで、元素記号の周期表の覚え方をご紹介します。

周期表の覚え方

周期表の覚え方 その1

元素番号1の水素から元素番号20のカルシウムまでを覚える方法です。「水兵リーベ僕の船。なあ間があるシップス クラークか?」と覚えましょう。

水(水素H)
兵(ヘリウムHe)
リー(リチウムLi)
ベ(ベリリウムBe)
ぼ(ホウ素B)
く(炭素C)
の(窒素N)(酸素O)
ふ(フッ素F)
ね(ネオンNe)
なあ(ナトリウムNa)
間が(マグネシウムMg)
ある(アルミニウムAl)
シッ(ケイ素Si)
プ(リンP)
ス(硫黄S)
クラー(塩素Cl)(アルゴンAr)
ク(カリウムK)
か(カルシウムCa)

周期表の覚え方 その2

上で覚えた元素の続きの覚え方です。元素番号21のスカンジウムから36のクリプトンまでが入っています。

スコッチの暴露マン 徹子にはどうせ会えんが ゲルマン斡旋ブローカー

スコッ(スカンジウムSc)
チの(チタンTi)
ば(バナジウムV)
くろ(クロムCr)
マン(マンガンMn)
徹(鉄Fe)
子(コバルトCo)
には(ニッケルNi)
どうせ(銅Cu)
会えん(亜鉛Zn)
が(ガリウムGa)
ゲルマン(ゲルマニウムGe)
あっ(ヒ素As)
せん(セレンSe)
ブロー(臭素Br)
カー(クリプトンKr)

アルカリ金属の覚え方

アルカリ金属は、周期表の左端にある縦の列です。これを覚えるには「エッチでリッチなケイコさん ルビーをせしめてフランスへ」です。

エッチで(水素H)
リッチ(リチウムLi)
な(ナトリウムNa)
ケイコさん(カリウムK)
ルビーを(ルビジウムRb)
せしめて(セシウムCs)
フランスへ(フランシウムFr)

希ガスの覚え方

希ガスは、周期表の右端にある縦の列です。これは「変なねーちゃん ある日 暗闇キス乱発」と覚えましょう。

変な(ヘリウムHe)
ねーちゃん(ネオンNe)
ある日(アルゴンAr)
暗闇(クリプトンKr)
キス(キセノンXe)
乱発(ラドンRn)

ハロゲン族の覚え方

ハロゲン族は、希ガスの左隣、周期表の右から2列目にあるものです。これは「ふっくら収容アスタチン」です。

ふっ(フッ素F)
くら(塩素Cl)
収(臭素Br)
容(ヨウ素I)
アスタチン(アスタチンAt)

暗唱しながら確認しよう!

呪文のように唱えていると、けっこう頭に残ります。ただし、呪文だけ覚えていてもダメ。それぞれの言葉がどの元素記号と結びついているのかはしっかり覚えてくださいね。

このライフレシピを書いた人
このライフレシピに関係するタグ
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。