\ フォローしてね /

靴ずれしない靴選び&予防法

新しい靴を買って嬉しい気持ちなのもつかの間、はじめてその靴を履いて出かけた時に辛い目にあってしまうことって、よくありますよね。

そう、靴ずれです。かかとや指の付け根が真っ赤に腫れたり、擦り剥けて血が出たり。どんなに痛くても外出先で靴を投げだして裸足で帰るわけにはいかないし、本当に困ってしまいますよね。

そこで、靴ずれしない靴を選ぶためのポイントと、靴ずれ予防法、靴ずれになってしまった時の対処法を合わせてご紹介します。

靴ずれしない靴選び

サイズ選び

基本中の基本ですが、サイズが合っていないのは靴ずれの大きな原因です。小さすぎるのはもちろん、大き過ぎても中で足が動いてしまって靴ずれを起こしやすくなってしまいます。

必ず正しいサイズの靴を選ぶようにしましょう。

かかとのラインをチェック

人の足は、足の裏からかかとを上がって、足首あたりで一旦くびれていると思います。

そのラインも人それぞれちょっとずつ違うので、そのラインに添った靴を選ぶとかかとの靴ずれになりにくいです。

反対に、くびれを超えた深さの靴を選ぶと、かかとに靴ずれが出来やすくなってしまいます。###つま先チェック

つま先部分は、足の指のラインを見て選びましょう。つま先が細い靴を履きたいのなら、足指をつぶさないよう縦に長いデザインのものを選ぶと失敗しません。

サイドラインチェック

意外と痛くなりやすいのが、足の両サイド、指の付け根付近にある骨のところです。

柔らかな素材のパンプスなどの場合、履いた時にこの骨のラインが外からわかるようだと、痛くなる可能性も高いので、ワンサイズ上を試してみるようにしましょう。

靴ずれ予防法

新しい靴を買ったら、履いて出かける前に靴ずれ予防処理をしておきましょう。

おばあちゃんの知恵袋

便利な靴ずれ防止アイテムなどなかった頃は、靴のかかと部分にろうそくの蝋を塗って滑りを良くし、靴ずれ防止とすることもあったようです。

靴の素材によってシミが出来たり傷んでしまうことも考えられます。自己責任でお試しください。

対処法

外出先で靴ずれになってしまったら、とりあえず応急対処をしましょう。

普通の絆創膏を持っていればとりあえずそれでも貼らないよりずっといいですが、もしドラッグストアが近くにあったら、キズパワーパッドの購入をお勧めします。

おわりに

たかが靴ずれ、されど靴ずれ。足が痛いとそれ以外のことが考えられなくなってしまいますし、そのままにしておけば水膨れになったり悪化も考えられます。

是非適切な予防と対処をするようにお勧めします。

(イラストby mimiwa)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。