\ フォローしてね /

新しい靴を買った時の靴ずれを防ぐ方法

新しい靴を買って嬉しいけど、新しい靴をはじめて履く時は靴ずれしやすいですよね?靴は履いてみないと足に合っているか分かりにくいですしね。

「初めて履く日に、靴ずれすると嫌だしな~。」

「今日は沢山歩くけど、靴ずれしないか心配だな~。」

と思っているあなたに少しでも靴ずれをしない様に防ぐ方法をご紹介します。

ただし、必ず靴ずれしないというわけではありません。できれば、初めて履く靴はならしで近場などで何度か試してから履くことをおすすめします。

パンプスなどの靴を履く場合

素足で履く場合

  • 用意するもの:絆創膏(できれば、靴ずれ用の絆創膏)

靴ずれしてから絆創膏を貼る人が多いですが、あらかじめ足にあたりそうな場所に靴ずれになる前に絆創膏をはっておくと靴ずれがしにくいです。

ただし、絆創膏が剥がれたりすると余計に靴ずれになる場合もあるので、絆創膏の予備などを用意しておくことをお勧めします。

薬局などでは靴ずれ用の絆創膏なども売っています。普通の絆創膏よりは、足にフィットしやすいので、剥がれにくいですよ。

(参考商品:靴ずれ用の絆創膏

絆創膏に違和感があったり、長時間歩く場合には次の「パンストを履く場合」をおすすめします。

パンストを履く場合

  • 用意するもの:パンスト(自分の肌に合った色のパンストなど)

パンストはとても便利で、素足で履くよりは殆ど靴ずれをすることはありません。

人によってはする人もいるかもしれませんが、パンストは汗をかいても素足と違い滑るので、靴ずれがしにくい様なのでおすすめです。

春や夏にかけてパンプスやサンダルなどを履く人が多くなりますが、そういう方にはお店で素足に近い色のパンストなども売っています。

自分の肌にあった色のパンストを履くことで素足に近くなりますよ。

スニーカーなどの靴を履く場合

  • 用意するもの:靴下(靴の長さにあった靴下)

素足に比べて、靴下を履く事で靴ずれはしにくくなりますが、できれば、短いものではなく長めの靴下で靴が直接肌につくことがなければ更に靴ずれしなくなります。

靴にあった靴下を選んで下さい。

さいごに

私自身、デートなどで張り切って新しい靴を履いて出かけたものの、途中で靴ずれして痛くなり、彼氏に迷惑をかける事が何度かあった覚えがあります。

せっかくの楽しいデートなのに靴ずれをして台無しにならない為にもできる限り、近場でならしてから履く様にして、絆創膏やパンスト、靴下を上手く使い、靴ずれを予防して下さいね。

靴ずれをしても大丈夫な様にあらかじめ絆創膏を準備しておくと靴ずれが和らぎますよ。

(Photo byhttp://www.ashinari.com/2009/05/30-021367.php)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。