\ フォローしてね /

痴漢の被害を予防する!賢い乗車方法

女性にとって、毎日、満員の通勤・通学電車でもみくちゃにされるのは、とても大変なことだと思います。まして痴漢なんてされたら、気分も最悪ですよね。

この記事では、電車やバスで痴漢の被害にあわないようにする予防法と、被害にあったときの対処法を紹介します。

痴漢の被害を防ぐ予防法

乗車位置

基本事項ですが、できるだけ入り口付近など、壁や手すりに背を向けたりして、ガードしやすい位置にいるよう心がけましょう。駅に着くたびに、一度車両から降りて、ドア付近をキープするのもアリです。

もしくは、座席の前の位置も、「座ってる人たちが対面である=なんとなく見られているような感じがする」ということで、良いと思います。ただし、この位置だと混雑時に押されて苦労することもあります。

また、最近では女性専用車両がある場合もありますが、なければできるだけ他の女性客と同じ位置に乗車します。(女性同士でかたまるということです)。

ボディランゲージ

これは心理学の実験で明らかになったことですが、犯罪の被害にあいやすい(にくい)「姿勢」があるそうです。

つまり、獲物を狙ってる側からすると、できるだけ弱そうな相手を選ぼうとするのが基本なわけですが、その判断材料となるのが、「姿勢」ということです。

具体的には、背筋をピンとはり、顔は下ではなく上を向き、何かあればすぐ行動にうつしそうなタイプにみせます。

また、相手と視線を合わせることも(相手からすると、なんとなく監視されてるような気分になり)効果があるようです。視線を合わせるのは一瞬で十分です。

もしくは、たとえばお尻のほうで手がモゾモゾしてるような感じがしたら、ためらわず(首だけ)振り返って、お尻のほうを見たり、手で払ったりします。

これも同様に、「すぐに行動(反撃)するタイプ」という印象を与えることができます。

痴漢かな…?と思ったときの対処法

1 振り返って、手で払う

上記の予防法と同じ方法ですが、たとえばお尻のほうで手がモゾモゾしてるような感じがしたら、(混雑してる状況では首だけ)振り返って、お尻のほうを見たり、お尻を手で払ったりします。

あくまで後ろにいる人に不快感を持たせないように、「自分のお尻になんかついたかな?」という感じで、サラっとやります。

2 偶然を装い、爪で引っかく

それでも収まらない場合は、もう少し直接的な行動に出ます。

(あくまで偶然を装って)相手の手を払うなり、一瞬爪で引っかくなりしてから、「あ、すいません」と謝ってしまうことです。

これは、100%の確信がないとき、騒ぎを起こしたくない場合に有効です。

3 具体的に忠告する

それでもだめな場合は、「お尻に手が当たってます」等と、具体的に忠告します。

できるだけ冷静になるように心がけましょう。そうすることで、二次被害(逆切れさせるなど)を防ぐこともできます。

おわりに

冤罪には十分気をつけてください。上記の手順であれば、冤罪も防止することができます。

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。