\ フォローしてね /

チキンラーメンを使った、「インスタント茶わん蒸しラーメン」の作り方

このメニューの生い立ち

インスタントラーメンと生卵。子供が好きでよく食べたがる組み合わせでしたが、ぬるっとする白身を残しがちなのでレンジで固めてました。すると、卵の量や混ぜ方で茶わん蒸し風にもなったのです。

それ以来いろいろなラーメンで試しています。ラーメンのスープが茶わん蒸しの出汁代わりといったところでしょうか。麺が入っているのでなかなか食べごたえもあります。

お好みで韓国のりをのせるとアクセントにもなって食がすすみます。

材料 (1人分)

  • 袋入りインスタントラーメン 1袋
  • 熱湯 ラーメンによりますが約400CC
  • 生卵 2個
  • 韓国のり(お好みで)

作り方

STEP1:ラーメンに熱湯をかける

ラーメンに生卵1個をのせ熱湯を回しかけます。ふたをして3分ほど待ちましょう。

STEP2:半熟卵をほぐす

麺が柔らかくなったら半熟になった卵をほぐします。

我が家ではたいてい待ちきれずにここで半量ほど食べてしまいます…。それでもよいでしょう。

でも、後半の茶わん蒸しのために麺をある程度残しておくのがポイントです。

STEP3:卵を加えレンジで加熱する

もう一つの卵を割りほぐします。ある程度しっかりと黄身と白身が混ざるようにしましょう。

ゆっくりと静かにスープの上に回しかけますが、このとき改めてスープと卵を混ぜ合わせる必要はありません。

ふたをしてレンジで2~3分温めます。

温める前のスープの温度等に差もありますので、途中様子を見ながら時間設定を変えてください。柔らかめなら2分、しっかり固めたい時には3分程度です。

完成!

お好みで韓国のりをのせていただきましょう。

(Photo by 著者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。