1. 趣味
    2. 「S字フック」を旅行のお供に

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    「S字フック」を旅行のお供に

    どんな旅行にも

    ドライブ、バス旅行、列車の旅、飛行機での海外旅行…どんな旅でも重宝するのが「S字フック」です。

    国内海外問わずあちこち旅をしますが、いつでも持ち歩いているのがこのS字フック。基本的にかばん掛け代わりなんですが、これがけっこう働きものなんです。

    小さくて軽く場所も取らないので、小ぶりのバックに入れても邪魔にならずに持ち歩けます。

    小さいお子さんと一緒の旅だとお菓子や飲み物、タオル等々なにかと出し入れの多い荷物がありますよね。バスや電車、飛行機だと大きなかばんは頭上の棚や足元に置いたりして取り出すのも大変です。

    座席の目の前にフックがあっても小さくて使いにくかったり。旅の途中にちょっとしたおつまみを買ってもテーブルがなくて膝に置いておかなくてはいけなかったなんてこともあったでしょう。

    そんなときは、必要なものを小ぶりのバックやビニール手提げに入れて、目の前のカップホルダーや網ポケットにS字フックを使って引っ掛けるだけですっきり便利な移動時間が持てます。

    案外長い、狭い空間での移動時間。S字フックで快適に過ごしましょう。

    使いやすいサイズのものを

    プラスチック製のものより、細みのものが使いやすいです

    100円ショップなのでいろいろなものがありますが、あまり小さすぎず、中~大で、端にゴムキャップのようなすべり止めがついているものが安全で引っ掛かりもよく使いやすいです。

    連結しても良し

    子供のバックにもひとつ入れておくといいですよ。複数組み合わせると、写真のようにバックどうしを連結することもできるので、狭い中でもゆっくり座れるスペースを確保できますね。

    これからの季節、食を満喫する旅に行く機会も増えるでしょう。S字フックがあれば、熱々のおいしいものを買っても、ひんやり冷たい飲み物を買っても、別々に提げておけますね。

    ベビーグッズからのヒント

    子供がまだベビーカーに乗っていたころ、よくベビーカー用のプラスチック製のS字フックのようなものを買い物袋提げ用に使っていましたが、そこからヒントを得て持ち歩くようになりました。

    フックは100円ショップなどによくある、一袋にいくつも入っているもので十分です。万が一、旅先でなくしてしまっても諦められる程度のもので。

    でも、このS字フックに提げておけば荷物を忘れることはありませんね。網ポケットに入れておいて、大事なお土産が見えなくなってしまうこともないので。

    (Photo by 著者)

    このライフレシピを書いた人
    このライフレシピに関係するタグ