\ フォローしてね /

お風呂から出る直前が決め手!カンタンな掃除方法

お風呂の掃除は、ついつい後回しにしがちでは、ありませんか?

お風呂を毎日のように使っていても、お風呂の掃除は頻繁ではない、それが現実ではないでしょうか。でも、お風呂は湿度が高くて、うっかりするとカビが生えてしまいます。ちょっとのカビならと油断して放置していると、いつのまにかこびりついてしまったりするものです。

カビの除去はもちろんのこと、お風呂場を清潔にしておくことは、健康にもとても役立ちます。お風呂の掃除なんて面倒だな、と感じているひとは、ぜひとも「カンタンな作業で、お風呂場をキレイに保てるコツ」を試してみてください。とてカンタンです。

入浴する時間こそが掃除のタイミング!

入浴のとき持ち込む道具

この2つの道具を持ち込んで入浴します。

 モップ

小さいほうが場所を取らないから便利かな、と思うかもしれません。でも逆です。ここでは「長いモップ」をオススメします。

小さいモップや、掃除用のスポンジやタワシだと、どうしてもお風呂場に置きっぱなしにしがち。カビが生えやすくて、すぐに黒くなってしまって、手で触りたくなくなってしまいます。

長い柄のモップなら、たとえ仮にモップの先端のブラシ部分がカビてしまっても、先端だけを掃除すればいいだけのこと。長い柄のブラシは、パッと見では邪魔になりそうですが、ベランダや庭で干しやすいのです。

タイルにはブラシ、樹脂にはスポンジです!

 クエン酸

水500mlにクエン酸を小さじ1杯をペットボトル等に入れて溶かしておきましょう!

お風呂場では「石けん」「シャンプー」「リンス」「トリートメント」などを使用しますよね。泡立った液体で床や壁が濡れるところですね。つまり、お風呂場の汚れは「石けん成分」に起因することが多いのです。

石けん成分が、きちんと洗い流されていないと、お風呂場の中が乾燥すると共に、石けん成分だけが固形化して、そこがカビの温床になりやすいのです。「石けん」成分はアルカリ性。なので、酸性の「クエン酸」を利用すれば、石けんの残り成分を分解除去する効果を期待できます。

「クエン酸」は、そのまま入浴剤して利用することも可能です。具体的に言うと、「弱酸性の入浴剤」と同じような効果が得られます。

お肌には弱酸性の入浴剤が良いと言われています。温浴のときに「クエン酸」を湯船に入れれば、排水溝の掃除にもなります。温まって利用した湯船の湯をただ流して捨てるだけで、排水溝がキレイになります。クエン酸の湯を、そのままお風呂場の床に撒いても、同様に効果が得られます。

ズバリ!この順序で作業を

STEP1:床を水切り掃除~排水口へ押し流す

モップでお風呂場の床を掃除します。床を水切りする要領で、磨くというより拭く感じで作業します。排水口めがけて、床の液体を押し集めて流します。お風呂から上るときが一番です。

「お風呂から出よう」というときに、モップで軽く掃除します。家族で最後に入った人が掃除します。

1人暮らしのワンルームマンションなら、バストイレは樹脂製だったりします。そのときはブラシタイプのものではなく、スポンジタイプのものを使用しましょう。傷をつけないためです。

STEP2:入浴したクエン酸の湯を床や壁に撒く

入浴剤としてクエン酸を湯船に入れているのなら湯船の湯を使用します。クエン酸を入浴に使用していないときは、ペットボトルに作った「クエン酸の水」を持ち込みます。

モップでお風呂場を掃除した後に、クエン酸の湯を、一面に流します。それだけで、効果があります。

以上で完了です。天気の良い日には、外でモップを乾かしましょう。

おわりに

ポイントは「お風呂から出る直前」の、ちょっとだけの時間を利用して掃除してしまうことです。

石けん成分をモップで流し、仕上げに「クエン酸」、これでピカピカの状態が維持されます。カビも生えにくいですよ。

Twitterで紹介!

(イラスト by 筆者)
(image by nanapi編集部)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。