1. 暮らし
    2. 銀行のキャッシュカードを再発行する方法

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    銀行のキャッシュカードを再発行する方法

    財布の中に銀行のキャッシュカードだけではなく、クレジットカード、ポイントカードなどカード類が溜まってくると、どうしても1枚1枚の扱いが粗雑になってきます。

    お金を下ろそうと久しぶりにATMに行ってみたら、キャッシュカードが何処かへ行ってしまっていたなどという経験をされた事はありませんか?

    ここでは、キャッシュカードを紛失した際に取る手続き、そして再発行してもらう方法をご説明します。

    キャッシュカードを紛失したら

    家の中で紛失したのか外で紛失したのか解らなくても、とりあえず銀行に連絡しましょう。

    銀行に電話をする

    インターネットや電話帳で連絡先を調べて、銀行へ電話を入れましょう。これは万が一盗難されていた場合、口座に残ったお金を引き出されないようにするためです。

    連絡をすると、ひとまずカードの利用を止められます。その後で家の中でキャッシュカードが見つかった場合は、再び連絡を入れないとカードを使って取引する事はできません。

    指示通りに手続きを

    電話でこれからどうすれば良いか指示されるので、言われたとおりに準備しましょう。大抵の場合は本人が直接窓口で再発行の手続きをする事になります。

    本人が仕事や学校で窓口へ行けない場合は、委任状が送られてきます。(あるいは委任状を窓口へ取りに行きます。)家族でも委任状が無ければ再発行手続きをする事はできません。

    キャッシュカード再発行の手続きに必要な物

    再発行の際は、本人確認のできる物が必要になります。これは銀行によって違うので、電話で指示されたことをしっかりメモしておいて下さい。

    • 再発行に関する請求書類(銀行から郵送されてきた場合)
    • 届出の印鑑
    • 本人確認ができる物(運転免許証、パスポート、保険証など(学生証は不可))
    • 再発行手数料(銀行によって違いますが、大抵は1050円です)
    キャッシュカードの暗証番号を忘れた場合も同じ手続きが必要になります

    キャッシュカードの再発行手続き

    ここでは筆者の家の者が最近キャッシュカードを失くした時に踏んだ手続きをご紹介いたします。銀行によって違うかも知れませんので、必ずそれぞれの銀行にお確かめ下さい。

    STEP1: 銀行に電話連絡をする

    銀行に連絡をして紛失した旨を伝えます。この電話でカードの使用が止められます。

    STEP2: 書類に必要事項を記入する

    銀行の方から再発行請求書が送られてきます。(連絡してから2、3日で届きます。)必要事項を記入し、上の項目に書いた再発行に必要な物を用意します。

    STEP3: 窓口へ手続きに行く

    最寄の窓口へ必要な物を持って行き、手続きします。手数料はその場で現金で払うので用意して行って下さい。

    STEP4: 新しいカードを待つ

    新しいカードが書留で郵送されてきます。

    通帳を失くした場合は、キャッシュカードも窓口に持って行きましょう。通帳やカードを再発行しても口座番号が変わる事はありません。

    災害などでキャッシュカードも印鑑もない場合

    大きな災害で被災し、キャッシュカードも通帳も印鑑もなくなったという方には、特別な措置が取られます。

    2011年3月11日に起きた東北地方太平洋沖地震の際には、ほとんどの銀行で「何かしら本人確認できる物を持ってくれば窓口で10万円まで出金できる」という措置が取られました。

    何も残っていない場合もあきらめず、とにかく窓口に相談に行きましょう。

    おわりに

    キャッシュカードは以上のような方法で簡単に再発行できますが、お金に関わる事ですから恐いことですよね。

    万一キャッシュカードが盗難されても困った事にならないように、暗証番号は簡単に推測されない物にしましょう。また、暗証番号は他人に知られる事がないようにしっかり管理するよう心がけて下さい。

    このライフレシピを書いた人
    このライフレシピに関係するタグ