\ フォローしてね /

洗たく石けんを上手に活用して真っ白に洗いあげる方法

洗たくの時、憂鬱なのが何と言ってもガンコな泥汚れ。特にお子さんをお持ちの方や、スポーツをやっている方、外で仕事をするガテン系のご主人をお持ちの方にぜひオススメしたいのが「洗たく用固形石けん」です。

  • 色柄物やきなり色ではないものは「ウタマロ」

真っ白なくつした、シャツ、軍手などといった柄の無い白いものなどには効果を抜群に発揮してくれます。

  • 色柄物でもガンコな汚れに強いのは「パックス青ざらし」

色柄もので色あせなどが気になる洋服についたドロドロ汚れでも、何なく落ちる上に、色あせしにくいのがこの石鹸の良いところです。

真っ白に仕上げたいなら「ウタマロ」、色柄物の汚れを落とすなら「青ざらし」、どちらを選びますか?使い分けをしているお母さんも多いようですね。

洗たく石けんを使った洗たくのコツ

洗たく機で洗う

汚れている部分に水をつけ、石けんを塗ります。ごしごし泡だててそのまま洗たく機へ投げ入れて、いつも通り洗たくをするだけです。

手もみで洗う

基本は洗たく機で洗う前と同じです。この時洗たく板があればベスト。手もみで洗ったとは思えないほど真っ白になります。お風呂場などで「ついで洗い」をするのもいいでしょう。

つけおきで洗う

お仕事をしているお母さん必見の方法はなんといってもつけおきです。天然成分で出来ているので基本的には衣類を傷める心配がありません。

まずは汚れている部分に水をつけ、石けんを塗り、軽くもんだあとに、ぬるま湯に入れておきます。時間があるときに洗たく機に入れていつも通りお洗濯してOKです。

洗たく石けんを使うときの注意点

やはり、天然成分といえども、泡と水でごしごしやるのは手荒れの原因になります。できるだけゴム手袋の使用をおすすめします

また、冒頭にも書きましたが石けんの種類によっては、色柄物に適さないものもあります。ウタマロの場合は蛍光増白剤が入っているので、色柄物につかってしまうと、色褪せたようになってしまうのです。

なお、蛍光増白剤とは色素を破壊する漂白と違って、私たちの目に入ってくる光を補って白く見せるというもの。つまり、漂白と違って繊維にも影響が少ないので、ごしごし洗えるのが特徴です。

おわりに

液体洗剤や粉洗剤では落ちにくい汚れも、固形石鹸なら落ちるものが意外と多いのです。シャツの黄ばみなどもしかり…上手に使い分けをして、快適な洗たくライフを送れるといいですね!

(image by 足成)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。