\ フォローしてね /

ふんわりとした雰囲気の絵に仕上げるコツ

このライフレシピのもくじたたむ

はじめに

ふんわりとしたイラストにしたい。
ふわっとしたイメージをイラストに持たせたい。
そう思ったときに、とりあえず試してもらいたいパソコンでの最後の一工夫です。

※こちらはphotoshopを使った説明になります。

やり方

ステップ1

まずはイラストに色を塗ります。
このとき、線画は抽出して別レイヤーにしておきます。

ステップ2

イラストに色を塗り終えたら、線画レイヤーをコピーします。

ステップ3

フィルタ機能の「ぼかし(ガウス)」を使い、線画レイヤーをぼかします。
ぼかしの量は、プレビューを見ながらお好みで。

ステップ4

レイヤーモードを「乗算」に設定します。

これで、なんとなく全体がふんわりした感じになります。
線画に色をつけてからぼかすと、また表情が変わります。

おまけ

線画レイヤーは残さないという方はコチラをどうぞ。

ステップ1

着色し終わったイラストを複製して一枚のレイヤーにします。
このとき、レイヤーは一番上においてください。

ステップ2

フィルタ機能でぼかした後、色調補正を使ってコントラストと彩度の強い画像を作ります。

色調補正→レベル補正
色調補正→明るさ・コントラスト

ステップ3

レイヤーモードはそのままに、不透明度を10~30%くらいにします。
この方法でもお手軽にふんわりします。
あとはイメージに近くなるまで色調補正などで色味を調節してみてくださいね。

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。