\ フォローしてね /

写真で解説!簡単手作りろうそく(アロマキャンドル)の作り方

長時間の停電などにはやはり、長時間対応するろうそくが必要です。

仏具の燃焼時間の短いろうそくをまとめると大きく、燃焼時間の長いろうそくが作れます。

一本の細いろうそくは倒れたりした時の火災を心配したりすることがありますが、大きく安定のあるグラスや瓶などを利用すれば簡単に倒れることもなく安全に使用できるろうそくができあがります。

このろうそくの作り方は、熱を加え、小さなろうそくを溶かしてまた固めるという簡単な方法で作れます。

くれぐれも火傷には気をつけて、小さいお子さんが触れないよう注意し、製作をして下さい。

用意するもの

  • 仏具用ろうそく(好みの量)
  • 空瓶またはグラス(耐熱対応できるもの)
  • タコ糸
  • 割り箸

STEP1 結ぶ

割り箸を半分に割り、中央部分にタコ糸を結びつけます。この糸はろうそくの芯になりますので、ろうそくにする瓶の高さにあわせて、底の部分から瓶より少し長めになるような長さで調節します。

STEP2 加熱する

使用するろうそくの量の3分の1のろうそくを鍋にそのまま入れ、中火で加熱します。

STEP3 溶かす

ろうそくが溶けはじめてきたら弱火にし残りのろうそくも少しずつ加え溶かしていきます。

STEP4 取り除く

もともとあった芯が溶けずに溶けたろうそくの中に残るので取り除きます。

香りを追加したい場合はここでアロマオイルを混ぜます

STEP5 注ぐ

用意した瓶にこぼさないように注意し、注ぎます。

STEP6 入れる

1で作ったタコ糸を5の中心に入れ、タコ糸が底につくように入れ、割り箸を瓶の口に置きます。

STEP7 待つ

ろうが完全に固まるまでこのままの状態で放置します。

STEP8 切る

ろうから1センチほどのところでタコ糸をカットします。

STEP9 完成

瓶に油性マジックで絵を書いてアレンジしたり、シールを貼ってデコレーションするのも良いでしょう。

おわりに

加熱するときの鍋は料理用の鍋を使用しますが、使用後、溶かしたろうが鍋に付着していますので、鍋にお水をたっぷり入れ、沸騰させろうを落とすのをオススメします。気になる方は何度かこの沸騰を繰り返す作業をすればろうは落ちます。

Twitterで紹介!

(image by 筆者)
(image by nanapi編集部)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。