1. 暮らし
    2. 重曹を活用!キッチンカーペットの掃除方法

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    重曹を活用!キッチンカーペットの掃除方法

    キッチンカーペットの掃除方法を紹介します。

    ここでは「重曹」を使用します。

    染み抜きではなく、あくまでも清潔さを求めて、衛生面を意識した掃除方法です。

    脱臭に特化した掃除です。キッチンカーペットから悪臭を除去することで、キッチンの空気が良くなります。害虫が寄り付きにくくなります。

    具体的にズバリこうする!カンタンな掃除方法

    それでは、カンタンな掃除方法を紹介します。手を汚さずに、ふたつのステップだけで掃除できる方法です。

     普段から用意しておくもの

    •  重曹水
    •  スプレー(霧吹きできるタイプ)
    •  クイックルワイパー
    •  ドライシート(乾いているタイプです)

     重曹水の作り方

    重曹水を作ります。500mlのペットボトルに水道水を入れます。小さじ1杯の重曹を入れます。フタをして、シェイク。これで準備完了。

    作り置きしておきましょう。

    STEP1:キッチンカーペット霧吹きスプレーする

    重曹水をキッチンカーペットにスプレーします。

    ただしスプレーは霧にしてください。細かい霧のほうが効果的です。うっすらとカーペット全体にスプレーします。

    少ないかな?と思うくらいの量で大丈夫です。

    STEP2:ドライシートで拭き取る

    クイックルワイパーには「除菌できるタイプ」「ウエットシート」もありますが、ここでは「ドライシート」です。

    クイックルワイパーのドライタイプのシートを使って拭き取ります。

    必ず新しいシートを使用しましょう。

    「あかすり」みたい、埃がたまることがあります。この埃は最後の仕上げで拭き取ります。

     ちょっと覚えておきたいコツ

    コツは、力を入れないこと。シートを強く押し付けすぎないこと。だから軽量のワイパーが便利です。

    キッチンカーペットの上を、そっと、なでる感じです。

    力を入れていくても、埃が集まり、シートに湿気は吸収され、キッチンカーペットは脱臭されながらピカピカになります。

    ポイント1: カンタンにできることが重要

    キッチンカーペットは、カーペットの中でも、ちょっとお手入れが面倒なことがあります。

    毎日の料理で汚れが付着する場所なのに、朝昼晩と作業に立つ場所なので、カーペットをどかせません。

    もともとキッチンカーペットは、床を汚さないように敷いておくもの。水はけなどが考慮されています。汚れにくく織られている、と言っても過言ではありません。

    極端な話、キッチンカーペットは、買ってきて、敷いたら、そのまま使い続けても、それほど問題にならない要素があるわけです。

    でも、よく見てみましょう。けっこう、汚れています。場合によっては、なんだか匂うことも。

    だからこそ、「カンタンに」できる掃除方法が重要です。

     掃除時間は10分以内

    具体的に言うと、10分以内で掃除を終えられること。これだけでキッチンカーペットは清潔さをキープできるようになります。

    朝食の後片付けをしてから、昼食の準備を始めるまでの、限られた時間でも掃除可能であること。気持ちの負担にならないように工夫することで、継続性を持たせます。

     臭いを除去できれば大丈夫

    悪臭が漂わないようにすること、に心掛けると良いですよ。とりあえず脱臭ができれば、キッチンカーペットの掃除としてはクリアだと考えておきましょう。

    人間にとって不快な臭いを、ゴキブリなどの害虫が好むという要素も見逃せません。

    腐敗臭、雑菌臭を、こまめに除去できていれば、日頃の掃除としては充分と言えます。

    ポイント2: 手を汚さずできることも重要

    足元は雑菌が、いっぱいです。家中を歩き回ったスリッパでキッチンに立つことを考えてみましょう。

    掃除機で埃は吸い取れます。でも、キッチンカーペットに染み付いてしまった臭いは、吸い取れません。

     スプレーで済ませる方法

    スプレーするだけで除菌できる方法がありますよね。市販されている便利な衛生グッズが役立ちます。

    スプレーだけで済ませればカンタンには違いないですが、残留物質が気になったりしませんか。

    天然の素材だけで掃除できたほうが良いなと感じたなら、「重曹」がオススメです。

     重曹は脱臭効果を発揮する

    重曹は脱臭効果を発揮してくれます。脱臭効果を利用して、重曹を直接撒いて、吸い取ることも、有効な方法です。

    キッチンカーペットに、重曹を粉のまま、撒きます。そのまま10分間。そのあと掃除機で全部吸い取ります。それだけ。

    10分間、キッチンカーペットに撒いておくことで、重曹がカーペットの臭いを消してくれます。重曹は粉なので掃除機で吸い取ります。すると掃除機の中のゴミ袋のなかも脱臭されるので、相乗効果というわけ。

    ちなみに、重曹を撒いて30分以上そのまにしておくと、重曹の粉が湿気を帯びてしまい、吸い取りにくくなってしまう恐れがあるんです。

    キッチンは、水まわり。湿気が多いのが自然です。重曹を撒いて吸い取るのは効果的ですが、撒き時間が短すぎても効果がないです。長すぎれば逆効果になりかねません。その点だけは意識して注意しましょう。

    おわりに

    重曹の「脱臭効果」は強い味方です。臭い対策は、ゴキブリ除けにも効果があるので、ぜひキッチンで活用したいものです。

    ぜひ、お試しください。古いキッチンカーペッにも応用できます。長年のシミは取れなくても、衛生さを維持することのほうが大切だと思います。

    Twitterで紹介!

    (image by 筆者)
    (image by nanapi編集部)

    このライフレシピを書いた人