1. コミュニケーション
    2. お年寄りを喜ばせる5つの話題

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    お年寄りを喜ばせる5つの話題

    高齢化社会を迎えた日本は世界に名だたる老人大国です。人口の多い団塊の世代が60代に突入したため、これからお年寄りはもっと増えていきます。

    それだけにお年寄りと接するチャンスが増えますし、また仕事でお年寄りを相手にすることもあるでしょう。

    そんな時、どんな話題を出したらお年寄りに喜ばれるか。若い人がお年寄りと一緒に盛り上がれる5つの話題をチョイスしてみました。

    著者は一人暮らしのお年寄りを対象にした昼食会のボランティアをしています。女性のお年寄りがほとんどなので下記の話題は比較的女性向きと考えて下さい。

    話題その1:「健康」と「長生き」に関する情報

    どんな食べ物が健康にいいか

    お年寄りは健康に敏感です。特にその基本となる「食」の話題には関心大。

    • 毎日必ず「ねばねば」したもの(納豆など) を口にすると長生きする
    • 毎朝、野菜ジュースやフルーツジュースを飲むと元気に暮らせる
    • 年をとっても肉を食べたほうがいい

    など、健康と食べ物に関する話題を提供するととても喜ばれます。新聞や雑誌でこの種の話題を見つけたらチェックしておくといいですね。

    簡単にできる運動やスポーツについて

    現代は元気なお年寄りが増えています。その人達のほとんどは寝たきりにならず「健康で長生き」することを目標にしています。

    ですから、日々の柔軟体操やウォーキングを欠かさない人もたくさんいます。

    • 自宅でできる簡単な体操
    • 腰痛体操
    • 効果のあるウォーキング法
    • ウォーキングに適したコース

    などの話題に目を輝かすお年寄りは多いです。すでに運動している人からはその人の方法を聞くのもいいですね。

    話題その2: 地域の情報について

    お年寄りはあまり遠出を好まず、自宅地域で動くことが多いもの。近隣のスーパーや商店、また病院等の情報を求めています。

    まずはお年寄りの情報から聞いてみましょう。安いお店や腕のいい医者の情報等を私達以上に知っていることがあります。

    あなたがお年寄りと同じ地域に住んでいるなら足で集めた情報を、違う地域に住んでいてもインターネットで調べた情報などを教えてあげましょう。

    双方の情報交換という意味でも有意義な会話になることうけあいです。

    話題その3: 生活の知恵を聞く

    お年寄りは長年の経験から若い人には得られない生活の知恵を持っています。

    • 料理
    • 掃除
    • 洗濯
    • 子育て
    • ご主人の操縦法
    • お隣とのトラブル解決法

    などの項目から相手の得意そうな話題を選んで話を聞いてみるとためになります。

    話すお年寄りのほうも若い人からの質問に答えるうれしさと責任感で生き生きと話してくれるはずです。

    話題その4: 昔の思い出話

    年をとると現在のことより、過去の出来事を鮮明に思い出す傾向があります。

    そうした思い出を人に話すことはお年寄りにとって楽しいことですし、ボケないためのトレーニングにもなります。

    戦争中の話や高度成長期の話など聞き手にとっても知識として蓄積される話題もあります。

    ただし、話し出すと長くなるお年寄りが多いので、この種の話題は双方に時間が充分ある時にしましょう。

    話題その5: 旅行の話/趣味の話

    元気なお年寄りの中には「旅行」を趣味としている人がたくさんいます。その体験談を誰かに話したいと思っているお年寄りは多いはず。

    また、行ったことのない国内外の旅行情報を聞きたがっているお年寄りもいます。

    双方で旅の情報を交換しあえばお互いに楽しめるし、役に立つので充実した時間が過ごせます。

    体が不自由で旅行にはあまり行かないお年寄りもいるので、彼らとは別の趣味(たとえばカメラとか園芸とか)について話すといいですね。

    おわりに

    著者の体験から、以上の五つ話題がお年寄りとの会話を盛り上げると思います。

    大切なのは自分だけが話すのではなくてお年寄りの話をよく聞いてあげること。

    彼らの話の中にはきっと珠玉の知恵や情報がちりばめられていますよ。

    Photo by 足成
    Photo by 筆者

    このライフレシピを書いた人