1. 暮らし
    2. リラックスできて節電にもなる、間接照明の失敗しない始め方

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    リラックスできて節電にもなる、間接照明の失敗しない始め方

    初めての間接照明は失敗しやすい

    間接照明はとってもオシャレで、心も体もリラックスできて、節電にもなるとても便利な生活術です。ただ、間接照明は多くの日本人にはちょっとだけ敷居が高く、導入時点でつまづくことが少なくありません。

    ここでは、リラックスできて節電にもなる、間接照明の失敗しない始め方をご紹介します。

    電球によっては部屋の蛍光灯よりもかなり電力を必要とするものもあるので、節電したい場合は蛍光管やLEDタイプの省電力な電球を使いましょう。

    最初は床置きタイプを買うなかれ

    間接照明に詳しくない初心者がやってしまう失敗談として、’’オシャレな床置きタイプの照明’’を購入してしまうことが挙げられます。しかし「普段使いには暗すぎるし邪魔になるし…」となって、結局使わなくなってしまった、なんてことが多いようす。

    実は、普通の電気店でよく売られている床置きの低い高さの間接照明は、使いどころが難しいのです。

    間接照明は「天井や壁を照らす」のがポイント

    間接照明の一番のポイントは「天井や壁を照らす」ことです。床置きタイプもうまく足元やコーナーを照らすように使えばいいのですが、まずは部屋全体を間接照明で包みこんでからにするのが、失敗が少なく簡単です。

    やり方

    何でもいいので天井や壁を照らしてみよう!

    とはいっても、いきなり天井を照らすようなスタンドライトを買うのは敷居が高いので、まずは身近にあるもので基本的な間接照明を実践してみましょう。

    STEP1: 天井を照らせる照明を用意する

    照明は、そこそこの光量があって、そこそこの範囲を照らせるものであれば、なんでもOKです。

    • デスクライト
    • スタンドライト
    • スポットライト

    STEP2: 天井を照らす

    部屋の照明を消して、光を天井に向けてみてください。思いの外明るく感じませんか?そして、天井が明るいことで、天井が上がったように感じませんか?

    STEP3: 壁を照らす

    天井だけではなく壁も照らしてみましょう。今度は、部屋がちょっと広がったように感じたと思います。

    STEP4: 壁と天井を同時に照らす

    照明が2つあれば、壁や天井を同時に照らしてみてください。光源が増えると、空間にリズムが生まれ、いっそうオシャレになりますよ。

    STEP5: お気に入りの家具を目立たせる

    ソファなどのお気に入りの家具が目立つように、天井や壁から光が家具に反射するように照らしてみてください。

    お気に入りの家具が部屋の中から浮かび上がり、その他の空間が目立たなくなったと思います。この効果を利用すると、あまり見せたくない場所への視線をそらすこともできます。

    以上が、基本的な間接照明の効果です。

    天井を照らす「アップライト」を買ってみよう!

    デスクライトなどでも工夫すればそのまま間接照明として使い続けることができますが、天井までの高さや光量などを確保するのは難しく、扱いづらいのが欠点。

    やはり、専用の間接照明器具を買うのが一番です。

    場所はとりますが、最も失敗が少なく一気に部屋を間接照明で包みこむことができる「アップライト」がおすすめです。

    アップライトは天井を照らす専用の照明器具です。

    オシャレで機能的なフロアアップライトスタンド

    フロアアップライトスタンドは、天井から足元まで優しい光で照らしてくれます。インテリア性も高く、部屋もぐっとオシャレになりますね!

    ただ、こういったアップライトは基本的に安い物でも1万円前後と、お手頃とはいえない商品です。そこで、おすすめはIKEAやニトリなどの大型家具店を活用すること。

    品ぞろえはタイミングによりますが、一般的なホームセンターにある照明よりかなり安く入手できるので、ぜひチェックしてみてください。

    おわりに

    「天井や壁を照らす」ことに慣れたら、床置きタイプやスポットライトタイプなども組み合わせて沢山の光源を作ると、もっと素敵な空間が作れますよ。ぜひチャレンジしてみてください!

    (image by amanaimages1 2)

    このライフレシピを書いた人