\ フォローしてね /

こどもからお年寄りまでいっしょに楽しめる!道具のいらない手遊び3選

こどもは遊ぶのが仕事です。おもちゃが何もない状態でも、何か面白いことはないかと探して、遊ぼうとするのがこどもです。そこで、こどもからお年寄りまで、年齢性別を問わずに誰でも一緒に楽しむことができる、道具のいらない手遊びをご紹介します。

その1:おせんべやけたかな

遊べる人数:2人~何人でも

遊び方

  • STEP1:じゃんけんで親を決めます。
  • STEP2:親以外の人は全員、手の甲を見せるように両手を差し出します。
  • STEP3:親はその両手を焼いている途中のおせんべいに見立てて、「お・せ・ん・べ・や・け・た・か・な」と言いながら一つずつ指差していきます。
  • STEP4:「な」で止まったところの手は片面焼けたということで裏返します。
  • STEP5:2回ひっくり返った手はおせんべが焼けたということで抜けて行き、最後まで残った手の持ち主が負け。
地域によって言葉やルールがちょっと違ったりする場合もあると思います。ある程度大人数でやった方が面白いです。

その2:う~

遊べる人数:2人~何人でも

遊び方

  • STEP1:じゃんけんで順番を決めます。
  • STEP2:メンバー全員向き合う形で輪になって、親指を上にしたげんこつを前に出します。親指は他の指で包まないようにします。
  • STEP3:じゃんけんで勝った人から時計回りで進めていきます。「う~○○!」と、指の立つ数を予測して言います。

予測者以外の人は、タイミング良く指を1本立てるか、2本立てるか、立てないかの行動をします。予測者も、指を立ててOK。

  • STEP4:指の立った数が予測と合っていれば予測者の勝ち。
大人数の場合は勝ち抜けして行って決勝戦にしてもいいし、2人の場合は勝った人が相手にデコぴんするなど、それぞれルールを決めて遊んで下さい。

その3:ちゃつぼ

遊べる人数:1人~何人でも

ちゃちゃつぼ ちゃつぼ★ ちゃつぼにゃ蓋がない★ 底取って蓋にしよ★

遊び方

  • STEP1:はじめは左手を軽く握って茶つぼを作り、「ちゃ・ちゃ」に合わせて、右手で茶つぼのふた、底を作ります。
  • STEP2:次は右手を茶つぼにして、「つ・ぼ」に合わせて左手で茶つぼのふた、底を作ります。
  • STEP3:左右の手交替でその動作を繰り返し、★のところは一拍休みます。

「ふたがない」のところでは右手が左手茶つぼの底になっていると思います。=ふたがない状態。

  • STEP4:歌の最後では右手が左手茶つぼのふたになっています。
こう見ると何が何だかわからないかもしれませんが、やってみたらわかると思います。小さな子には左右の手を変えていく辺りが難しく、一緒にやると楽しめます。

おわりに

昔ながらの簡単な遊びで、場所も年齢も問わずに遊べるものをご紹介しました。こどもの笑顔には周りを元気にする力があります。手遊びで一緒に遊ぶことで、少しだけでも元気を取り戻せたらいいなと願っています。

Twitterで紹介!

(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。