\ フォローしてね /

餃子やチャプチェの余り物で作る、豪華な春巻きの作り方

このライフレシピのもくじたたむ

余り物をそれとは気付かせないテクニックで再利用

家庭で餃子を手作りした時、どうしても具が余ってしまうことはありませんか?

またはマーボー春雨を作ったら余った、チャプチェにしたら、残してしまった等という場合もあるかも知れません。ここでは、それらに2品加えるだけで全く別のお料理になってしまう方法をご紹介します。

昨晩のおかずが余ってしまい、それをそのまま出すのには抵抗がある場合に使える有効な料理方法です。しかも春巻きの皮を使っているのにフライパンで焼くだけで、揚げなくて済むのでお手軽です。

材料(5人分)

  • 餃子の具や、チャプチェやマーボー春雨等の残った具
  • 春巻きの皮15枚
  • 切り落とし焼き豚1パック (350g程度)
  • キャベツ半玉
  • 水で溶いた小麦粉適量(糊として使います)

余り物春巻きの作り方

STEP1:

小皿には小麦粉少々を水で溶いた物を用意しておきます。焼き豚とキャベツは千切りにします。

STEP2:

余り物と焼き豚とキャベツをボールで混ぜます。ここでは餃子の具を使っています。焼き豚に味が付いているので、新たに味を加える必要はありません。

STEP3:

春巻きの皮に、手のひら半分ほどの量の具を乗せ、巻いていきます。巻き終わりに水溶き小麦粉を塗り、糊にして閉じます。

STEP4:

フライパンに少し多めの油を引き、温めて春巻きを閉じた所を下にして並べて行きます。

STEP5:

表面がきつね色になるように転がしながら、5~6分焼きます。

完成!

野菜の付け合わせとポン酢または酢醤油を添えて出来上がりです。一本を半分に切って立てると見栄えも良くなりますよ。

(Photo by 著者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。