\ フォローしてね /

たった3パターン覚えるだけ!ルービックキューブ六面解法のコツ

ルービックキューブは子供から大人まで、一度は遊んだことのあるでしょう。しかし、なかなか六面解法と言われる全ての面を揃えることはできませんが世界記録はあっという間です。攻略のやり方を見習いたいものですね。入門的な攻略方法にはLBL方式というものもあるそう。まずは、たった3パターン覚えるだけで、いつでも六面解法ができる方法をご紹介します。子供のように手と頭をやわらかくして右下と早くできるようにしてみましょう。

一度は挑戦したことのあるルービックキューブ、一面までは揃えられるのに六面全て揃えるのはちょっとしたコツが必要です。ルービック・キューブの攻略サイトなどでは回し方がたくさんあり、見ながら解くので精一杯になってしまいます。

何も見ないで解いてみたいという方のために、覚える回し方を最小限にした攻略法をご紹介します。

ルービックキューブの簡単な解き方をお求めの方、ぜひご参考下さい。

用意するもの

  • ルービックキューブ
  • 鏡 (STEP4で使用します)

STEP1:一面を揃える

まずは一面を揃えましょう。このとき、サイドの色も合うように揃えて下さい。ここでは決まったパターンはありません。

コツは「どかす、いれる、もどす」です。ある程度揃ってくると目的の位置に1回で移動させることはできなくなります。

崩れると困るキューブは一度その場からどかして、目的のキューブを差し込みます。最後にどかした部分を元に戻すことで、崩すことなく揃えることができます。

STEP2:反対面の角の色を揃える

揃えた一面を下にして反対面の色を確認します。反対面の角の色が4つともあっていればSTEP3に進んで下さい。

反対面の色を合わせるには画像の回し方を行います。1回で揃わないときは位置を変えて何回か繰り返します。

この回し方は画像でいうと上奥のキューブ以外の3箇所を、位置を変えず色だけ変えることができます。色が合っているキューブを上奥にしてから行うのがコツです。

STEP3:角の側面を揃える

側面の色が合っているか確認します。側面の色が全て揃っていればSTEP4に進んで下さい。

画像の回し方でキューブの位置を揃えることができます。1回で揃わないときは位置を変えて何回か繰り返します。側面の色が合っている場所を手前にした状態で画像の回し方を行うのがコツです。

STEP4:角以外のキューブを揃える

最後に角以外のキューブを揃えます。ここでは移動するキューブを意識して回す必要があります。まずは画像の回し方を確認して下さい。

画像の回し方では色のついている3箇所だけ移動します。一度に全部揃えることはできないので1箇所ずつ合わせていきましょう。STEP1で揃えた面の反対面を先に揃えることをお勧めします。

ここでは画像の回し方を左右反転して行う必要が出てきます。例えば「橙、黄」のキューブを揃えてみたけど「黄、橙」になっており、左右の色を反転させたいという場合があります。

このような時は画像の回し方、左右反転した回し方、画像の回し方の順で元に戻すことができます。左右反転の回し方は鏡を使って見るとわかりやすいです。

覚えたら即実践!

ルービックキューブは老若男女問わず遊べるので、一家に1個あってもいいかもしれませんね!

複雑で沢山の揃え方を覚えないと解けないパズルだと思われがちですが、少ないパターンでも解くことができます。たった3パターンですので、覚えて周りに自慢しましょう。

Twitterで紹介!

(image by PIXTA)
(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。