\ フォローしてね /

運転初心者が気をつけるべき運転ポイント

このライフレシピのもくじたたむ

はじめに

近年は車がないと生活が不便になっていますから車の免許を取得する人が増えていますよね。がんばれば数ヶ月教習所に通えば取得できてしまうので気軽です。

しかし免許を取得していざ一般の道に挑戦となるとなんだか緊張してしまうものです。教習所で一般道を走る練習もしますが実際に自分の車で一人で走るのはやはり違います。

気をつけないと事故につながることもありますから、初心者のうちは注意して運転をする必要があります。

今回はそんな運転初心者の人のために、気をつけるべき運転ポイントをいくつか紹介したいと思います。

運転のポイント

余裕を持つ

これは教習所でもさんざん言われる内容ですが、心に余裕を持つことは非常に大切です。余裕がないと判断が鈍くなり大事なところでミスを犯してしまいます。

心に余裕があれば冷静に状況を把握することができるので失敗することも少なくなるでしょう。

しかし初心者のうちは余裕を持てと言われてもなかなか難しいですよね。どうしても余裕なんてなくなってきてしまいます。

そんな時は誰が友人や親などに同乗してもらいましょう。一人で運転するのは、すべて自分で判断しなければなりませんからプレッシャーが大きいです。

誰かと一緒に乗ることでそのプレッシャーが半減され、気持ちが楽になるでしょう。同乗者が運転に慣れた人だとなおいいです。

大通りを選ぶ

初心者のうちは大通りは車が多く、速度も結構出ますので怖がる人が多いと思います。しかし実際に安全なのは大通りだったりします。

車が多く速度が速いといっても、道は整備されていますし、車の流れに乗っていればそこまで苦労することはありません。

狭い道の方が初心者の人にとっては大変です。狭い道は対向車が来た時にすれすれになってしまいますし、歩行者も多いです。

また見通しが悪い交差点も多いので接触事故の可能性も高くなります。車通りは少なくても事故の危険は狭い道の方が多いのです。

ですから運転に慣れないうちは大きめの道路を優先的に選んで走るようにしましょう。車間距離や速度に注意すれば心配することはありません。

道に迷ってしまう危険性も低くなりますからおすすめです。

車の操作方法を確認する

車というのは車種によって若干の操作性の違いがあります。ギアの位置が違ったり、サイドブレーキがフットブレーキだったりとさまざまです。

教習所で乗った車の仕様しか頭に入れていない状態だと、乗った車に操作の違いが見つかった時に焦ってしまいます。

焦ってしまうと的確な操作ができずに判断力も鈍ってしまいます。結果的に事故のリスクが上がるわけです。

ですから発進する前に、自分の乗る車の操作は一通り確かめておきましょう。位置の確認なども大切です。ブレーキの位置を間違えて適切なタイミングで減速できなかったら危険です。

おわりに

いかがでしょうか。車というのは便利な反面、一歩間違えれば命を失いかねない大事故を引き起こす可能性をも秘めているのです。

しかし最初は誰だって初心者です。怖がって乗ることをためらっていてはいつまでたっても上達することはできません。

しっかりと注意点を頭にいれて安全運転を心がければ事故のリスクは最小限に抑えることができますから、運転初心者の人はこの記事を参考にしてみてください。

(Photo by http://www.ashinari.com/2010/11/22-342728.php

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。