1. 暮らし
    2. ペットボトルで「コバエほいほい」を手作りする方法(動画あり)

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    ペットボトルで「コバエほいほい」を手作りする方法(動画あり)

    気温が上がるといつの間にかキッチン周りに発生している虫、コバエ。「なかなか捕まえられなくて鬱陶しいし、不衛生!」不快な思いをしている方も多いのではないでしょうか。コバエ退治には殺虫剤などがありますが、置いておくだけでいいコバエほいほいが便利!実はほとんど家の中にあるもので簡単に手作りできちゃうって知っていましたか?捨てようと思っていたペットボトルと、残ってしまったワインがあればもう準備は万端です。早速手作りしてみませんか?
    このライフレシピのもくじたたむ

    あたたかくなって、ちょっと油断すると出てくるコバエ。朝の生ゴミに、昼くらいになるとたかっているのをみると、どこから来るのかと腹が立ってきますね。

    コバエとりも売っていますが、コバエごときのために買い物をするのが悔しい…ということで、コバエ取りを自作してみることにしました。

    作り方動画

    用意するもの

    • ペットボトル(容量は350ml~2L、つぶしやすい・薄いもの、今回は500mlを使っています)
    • ワイン(りんごジュースやりんご酢でもよい)
    • 台所用洗剤(合成洗剤)
    • ガムテープ(セロテープでもよい)
    • カッター
    • はさみ

    作り方

    STEP1:ペットボトルを切る

    カッターで切り込みを入れて、そこからはさみでペットボトルを切ります。

    小さいほうが効果があるようなので、底から7〜8センチのところで。ペットボトルの口側は、さかさまに挿して、口が底から2〜3センチくらいあくように切ります。

    STEP2:口をガムテープで小さくする

    縦に半分に切ったガムテープを「T」の字に組み合わせます。

    それを使って、ペットボトルの口を小さくします。

    べたべたした面が残ると、そこにコバエが張り付きますので、ガムテープ同士がくっついているところが口のところにかかるようにして、粘着面でペットボトルの口のところに固定します。

    余った部分は切り落とすなり、ほかのところにくっつけるなりして処理しましょう。

    STEP3:ワインと洗剤を入れて、上半分を逆さに挿す

    ワインを1〜2センチそそいで、台所用の洗剤を数滴入れます。上半分を逆さまに挿して完成です!

    おわりに

    ハエによって、好むものが違うようです。発酵食品や果物が好きなようですので、思ったように取れないときにはエサを変えてみてください。ワインは白でも赤でもいいのですが、私は集まったハエを見たくなくて、少しでも目立たないように赤を愛用しています。

    いなくなったなと思っても、10〜15日くらいは置いておいたほうがよいようです。

    (image by 筆者)

    このライフレシピを書いた人