\ フォローしてね /

「上がる?下がる?」京都で場所を聞いた時、地元の人の説明を理解する方法

京都の中心部は周知の通り、東西南北の通りが碁盤の目のように規則正しく並んでいます。

京都の人は住所の○○区××町の後の東西南北の通り名で言うのが一般的で、知らない所へも通り名がわかれば必ずたどり着けます。

旅行者も基本さえ覚えれば地元の人の説明がすぐにわかるようになりますよ。

STEP1:上がる・下がる・東入る・西入る

北へ行くことを上がる、南へ行くことを下がると独特の言い方をします。東と西はそのままで、ひがしいるのように読みます。

覚えるのはこれだけです。

STEP2:東西と南北の通り名を言う

例えば寺町四条・・これは寺町通り(南北)と四条通り(東西)のふたつの交わった地点です。

この図で言うと丸で囲んだ交差点がそうです。

STEP3:交差点からの方向を言う

次に二つの通りの交差する地点からの方向、つまり上がるか下がるか東入るか西入るかを示します。

上の図では赤い丸が寺町四条上がるということになります。そして黄色の丸は寺町錦東入るということですね。

STEP4:後は感覚で

上の図の黄色のように通りの中間あたりにある場合、これだと新京極錦西入ると言う人もいるかもしれません。要するにどちらか近い方で説明するので、人によって感覚の違うこともあるかもしれません。

「ちょっと上がった所」のようにアバウトで言う場合もありますが、中心部は目も細かくそれほど歩かなくてもいいので、言われたように歩けば必ずたどりつけますよ。

京都には昔から覚えやすいように通り名の唄もありますが、中心部だけなら覚えなくても地図さえあればOKです。

おわりに

街中から離れるとこういう言い方はしないのですが、繁華街では十分わかると思います。是非覚えておいて下さいね。

(Illustration by 筆者)

このライフレシピを書いた人
このライフレシピに関係するタグ
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。