\ フォローしてね /

(´・ω・)つ旦 の「つ」って何? ネットでよく見る「つ」の意味と使い方

最近ではSNSやネット環境の発達により、そんなに興味がなくても「オワコン」「ステマ」などと言ったネット用語を目にする機会も増えましたよね。

Twitterや2chなどで見かける「つ」。記号や文字を使って表現した絵である「アスキーアート」(AA)の一種ですが、なじみがない人には「??」ということもしばしば。

そこで、インターネット上で「つ」が使われているシチュエーションを探して、意味や使い方をまとめてみました。

「つ」の意味は差し出す手

(´・ω・)つ旦

こんな風に顔文字の横についているとわかりやすいですね。顔の横から手が出て何かを差し出しています。つまり「つ」は「差し出す手」をあらわしています

上の例では、出しているのは湯のみ。意味は「お茶どうぞ!」になります。

「つ」の使い方:お茶出し編

では、実際の使い方を見てみます。まずはお茶出しから。顔文字の中身は気分に応じて変えてみてくださいね。

(*´∀`)つ旦
( -ω-)つ旦
(´・ω・`)つ お茶

(´Д`)つ旦 と ( ゚Д゚)つ旦 は似ていますが、目が変わるだけでこんなに違います。

こちらのサイトでは、お茶関係のアスキーアートがまとめられています。単純な記号を組み合わせて、こんなに表現豊かにできるんですね。
dokoaa.com お茶関係

「つ」の使い方:応用編

顔文字を省略して「つ」単独で使うこともできます。こんな感じになります。

つ お茶
つ旦

工夫次第でいろいろなものが差し出せますね。

つ-Oロ|>- おでん
つ=lニニフ 包丁

差し出す手で、友達をムニムニつついてみますと・・・

(`・ω・)つ)・ω・`)

抱きしめたいときはこんな

(つ´ω`)つ

オイオイ、ちょっと待て~

( ゚д゚)つ

おわりに

アスキーアートの世界は奥が深いですね。限られた文字や記号で感情を表現するときに、顔文字はとても便利。「つ」を上手に活用してみてくださいね!!

(イラスト by 筆者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。