1. 暮らし
    2. 元銀行員が伝授!かっこいいお札の数え方~縦読み~

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    元銀行員が伝授!かっこいいお札の数え方~縦読み~

    銀行員の方が、紙幣を扇形にして颯爽と札束を数えている姿、見たことはありませんか?機械ではなく、自分の手で正確に数えてしまうなんて、尊敬してしまいますよね。こちらでは、元銀行員が教える「かっこいいお札の数え方」をご紹介します。中指で一枚一枚をスムーズにめくり、最後にパチンと音を鳴らして完了!やり方を覚えたら、友達の前で思わず披露してしまいたくなること必至のテクニックは、とっておきの特技として覚えておいて損はないはず!
    このライフレシピのもくじたたむ

    はじめに

    銀行の窓口に行くと、窓口のお姉さんが素早くお金を数えていますね。「どうやっているんだろう?」「自分もできたらちょっとかっこいいな!」と思った事はありませんか?

    会社の飲み会の幹事になった時や、車のディーラーや不動産屋などでの支払い時の時など、1枚1枚数えるよりも、断然早く、そしてちょっとカッコイイ!!そんな「札勘定~縦読み~」を元銀行員がご案内させて頂きます。レジやコンビニのアルバイトにも活かせる、実践的なハウツーですよ!

    「札勘定」~縦読み~

    STEP1:束をそろえて左手ではさむ

    まずは、紙幣をきれいにそろえます。折れているものなどあったら直しておきましょう。そして、写真のように左手の中指と薬指の間にはさみます。

    後ろからみた図です。

    STEP2:左手に紙幣をもつ

    右手で紙幣を向こう側に倒します。その際、画像の丸印のように、紙幣を斜めにずらします。左の親指で、紙幣の左側真ん中あたりを支えます。左の親指は、軽くおさえる程度です。

    紙幣の後ろにある左人差し指は伸ばしたまま、中指・薬指・小指を曲げます。

    STEP3:右手で紙幣をつかむ

    右の親指と紙幣後ろの人差し指・中指で紙幣をはさむようにして、紙幣の右側上部を持ちます。

    その際、右手親指は湿らせておきましょう。札勘定では滑り止めをすることが大事です。

    この手の形が基本形になります。

    STEP4:いよいよ札勘定

    右の親指を下に押すように(下にずらすように)下げます。画像の矢印の方向です。

    この押し下げた時に紙幣と紙幣の間に、画像の丸印のように空洞ができるようにします。その空洞に右薬指をいれて手前にはじきます。

    右親指は、常に紙幣から離さず、下にずらす→薬指ではじくと同時に元の位置へ→下にずらす→薬指ではじくと同時に元の位置へを繰り返します。

    おわりに

    銀行員も入行当初から紙のお金を渡され、毎日練習&札勘試験を重ねて、一人前になっていきます。初めはうまくいかなくても、時間がある時にふと練習してみて下さい。お仕事上でも、お役に立てるかもしれません。是非、遊びがてらお試しください。

    (Photo by 著者)

    このライフレシピを書いた人
    このライフレシピに関係するタグ